セントポール (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Saint Paul (CA-73)
艦歴
発注:
起工: 1943年2月3日
進水: 1944年9月16日
就役: 1945年2月17日
退役: 1971年4月30日
除籍: 1980年に廃棄
その後: 1978年7月31日
性能諸元
排水量: 14,500 トン
全長: 673 ft 5 in (205.3 m)
全幅: 70 ft 10 in (31.4 m)
吃水: 26 ft 5 in (8.1 m)
機関:
最大速: 32 ノット (59 km/h)
乗員: 士官、兵員1,700名
兵装: 55口径8インチ砲9門、
38口径5インチ砲12門、
40mm機銃48基、
20mm機銃22基
搭載機: 4機

セントポール (USS Saint Paul, CA-73) は、アメリカ海軍重巡洋艦ボルチモア級重巡洋艦の6番艦。艦名はミネソタ州セントポールに因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

セントポールは1943年2月3日にマサチューセッツ州クインシーベスレヘム・スチール社においてロチェスターの艦名で起工し、1944年9月16日にジョン・J・マクドナー夫人によって進水する。1945年2月17日にアーネスト・H・フォン・ハイムバーグ艦長の指揮下就役した。

第二次世界大戦[編集]

カリブ海での整調後、セントポールは1945年5月15日にマサチューセッツ州ボストンを出航し太平洋に向かう。6月8日から30日まで真珠湾から訓練を行い、7月2日に第38任務部隊に合流した。部隊は7月23日に海上での補給を完了し、日本の本州に対する攻撃の準備に入る。7月24日から8月10日までセントポールは航空母艦の護衛を担当し、艦載機部隊は神戸関東地方への空襲を行う。続いて舞鶴や本州北部の飛行場に対する攻撃を行った。この間にセントポールは工業地帯への艦砲射撃も行っている。7月29日の夜には浜松の繊維工場に、8月9日には釜石の製鋼所を攻撃した。釜石への砲撃は太平洋戦争における主力艦艇による最後の攻撃であった。台風の接近により航空攻撃は8月11日から14日まで取りやめとなる。8月15日に日本は降伏し、すべての作戦は停止した。

朝鮮戦争[編集]

その後[編集]

セントポールは1978年7月31日に除籍され、1980年1月に売却された

セントポールは第二次世界大戦の戦功で1個の、朝鮮戦争の戦功で8個の、ベトナム戦争の戦功で9個の従軍星章を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]