センテオトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
センテオトル

センテオトル(Centeotl)、あるいはシンテオトル(Cinteotl)は、アステカ神話に伝わるトウモロコシの神。古代アステカ人にとってトウモロコシは主食であったため、センテオトルは広大な地域で崇拝されていた。

トラロックの庇護下にある神で、頭にトウモロコシの穂を模した派手な冠を被った、若々しい生気に溢れた若者の姿で表される。

マヤ神話ヤム・カァシュにあたる。

参考文献[編集]

  • 『西洋神名事典』 新紀元社、1999年、113頁。