センチコガネ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
センチコガネから転送)
移動: 案内検索
センチコガネ科
オオセンチコガネ
オオセンチコガネ Geotrupes auratus auratus
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目 (鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: センチコガネ科 Geotrupidae[1]
英名
Earth-boring dung beetle

センチコガネ(雪隠黄金)は、コウチュウ目(鞘翅目)・コガネムシ上科・センチコガネ科(Geotrupidae)に分類される甲虫の総称。や腐肉を餌にするいわゆる糞虫の一群で、金属光沢のある鮮やかな体色をしたものが多い。

日本ではその中の一種 Geotrupes laevistriatus Motschulsky,1857を指すが、他にも多くの種類がある。

特徴[編集]

成虫の体長は2cm前後の小型の甲虫で、コガネムシ科の昆虫より胸部が大きい。また、前翅に縦のすじがある種類が多い。体は金属光沢のある黒色で、種類や地域個体群によって藍色金色などを帯びる。

成虫幼虫共にを食べる糞虫である。和名の「センチ」は便所を指す語「雪隠(せっちん)」が訛ったもので、糞に集まる性質に由来する。

成虫が出現するのはで、ウシウマなどの糞、または動物の死骸や腐ったキノコにも見られる。夕方に地表付近を低く飛んで糞などの餌を探し、夜には灯火にも飛来する。ただし、センチコガネの地域個体群によっては飛翔筋が退化しており、歩行のみで移動する。交尾したメスは獣糞を土中の巣穴に引き込んでこれで育児球を作り、それに産卵する。このとき、育児球を枯葉で包むことが報告されており、この点がコガネムシ科の糞虫の育児球と異なる。孵化した幼虫は育児球を食べて成長する。

糞虫として自然界の物質循環に果たす役割は大きい。また金属光沢のある鮮やかな体色から、他の糞虫同様に昆虫採集の対象ともなっている。

分類[編集]

センチコガネ科の昆虫は世界に3亜科・25属・約600種が分布する。ただしセンチコガネ科ではなくコガネムシ科・センチコガネ亜科 Geotrupinae として扱う説もある。

また、近縁のムネアカセンチコガネ類も、センチコガネ科とする説、コガネムシ科の一亜科とする説、独立したムネアカセンチコガネ科 Bolboceratidae とする説があり、分類は流動的である。

センチコガネの一種 Geotrupes vernalis
  • センチコガネ亜科 Geotrupinae
    • Anoplotrupes
    • Blackburnium
    • Ceratophyus
    • Cnemotrupes
    • Elaphastomus
    • Enoplotrupes
    • Eogeotrupes
    • Geohowdenius
    • センチコガネ属 Geotrupes - センチコガネ、オオセンチコガネ、オオシマセンチコガネなど
    • Glyptogeotrupes
    • Haplogeotrupes
    • Indobolbus
    • Megatrupes
    • Mycotrupes
    • Odontaeus
    • Onthotrupes
    • Pachypus
    • Peltotrupes
    • Sericotrupes
    • Stenaspidius
    • Thorectes
    • Trypocopris
    • Typhoeus
  • Taurocerastinae亜科
    • Frickius
    • Taurocerastes
  • Lethrinae亜科
    • Lethrus

主な種[編集]

日本に分布するセンチコガネ類は3種(1亜種)が知られる。

センチコガネ Geotrupes laevistriatus Motschulsky,1857
成虫は体長14mm-20mm。頭部背面を覆った頭楯の前縁が半円形をしている。体色は紫、藍、金など個体変異があり、鈍い金属光沢がある。北海道から屋久島対馬まで分布し、日本以外でも朝鮮半島中国サハリンまで分布する。
オオセンチコガネ G. auratus auratus Motschulsky,1857
成虫は体長16mm-22mm。頭楯前縁が三角形に尖り、体表は赤褐色や赤紫色で、強い金属光沢があることでセンチコガネと区別する。分布域はセンチコガネとほぼ同じだが、あまり見られない地域もある。
通常のオオセンチコガネは背面が赤っぽいが、琵琶湖東岸から鈴鹿山脈にかけての個体群は鮮やかな緑色紀伊半島中央部の和歌山県奈良県三重県にまたがる紀伊山地の個体群は鮮やかな藍色になることが知られている。他に屋久島のオオセンチコガネも藍色になる。これらはそれぞれミドリセンチコガネルリセンチコガネヤクルリセンチコガネと呼ばれる。ヤクルリセンチコガネは亜種 G. a. yaku として分類されている。
『ファーブル昆虫記』に登場する「スジセンチコガネ」は本種に近縁である。
オオシマセンチコガネ G. oshimanus Fairmaire,1895
体表の光沢はほとんどない。奄美大島固有種

種の保全状況評価[編集]

日本の都道府県で多数の種がレッドリストの指定を受けている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Geotrupidae Latreille, 1802” (英語). ITIS. 2012年4月24日閲覧。
  2. ^ 日本のレッドデータ検索システム(センチコガネ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]