センス・オブ・ジェンダー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
センス・オブ・ジェンダー賞
受賞対象 ジェンダーをテーマとして探求する作品(受賞作品は選考委員の討論及び投票で決定)
主催 ジェンダーSF研究会
日本の旗 日本
授賞式会場 日本SF大会会場
初回 2001年
最新回 (毎年更新)
最新受賞者 (本文参照)
公式サイト gender-sf.org
テンプレートを表示

センス・オブ・ジェンダー賞(センス・オブ・ジェンダーしょう、Sense of Gender 賞)は、前年度の1月1日から12月31日までに刊行されたSF&ファンタジー関連の文学マンガ、映像作品等から広く性差、性別役割というテーマを探求する作品に贈られる文学賞。略称はSOG賞

ジャンルSFにおいて、ジェンダーの理解をふかめようという意図で創立されたアメリカの文学賞ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞の日本版として設立された。

主宰はジェンダーSF研究会ジェンダーSF研究会会員と外部の選考委員、合計5名の最終選考委員の討論及び投票で決定される。発表と授賞式は毎年日本SF大会にて行われる。各年度の最終選考5作品と選考委員の講評はジェンダーSF研究会ホームページで公開される。

受賞作品一覧[編集]

国内部門[編集]

  • 第1回(2001年度)
  • 第2回(2002年度)
  • 第3回(2003年度)
    • 大賞 - 笙野頼子 『水晶内制度』(新潮社)
    • 特別賞 - 野火ノビタ 『大人は判ってくれない 野火ノビタ批評集成』(日本評論社)
  • 第4回(2004年度)
  • 第5回(2005年度)
  • 第6回(2006年度)
  • 第7回(2007年度)
  • 第8回(2008年度)
  • 第9回(2009年度)
    • 大賞 - 日日日 『ビスケット・フランケンシュタイン』(学習研究社)
    • 話題賞 - 樺山三英『ハムレット・シンドローム』(小学館)
  • 第10回(2010年度)
    • 大賞 - 上田早夕里『華竜の宮』(早川書房)
    • 話題賞 - 籘真千歳『スワロウテイル人工少女販売処』(早川書房)
  • 第11回(2011年度)
  • 第12回(2012年度)
    • 大賞 - 須賀しのぶ『芙蓉千里』(角川書店)
    • 生涯功労賞 - 萩尾望都『なのはな』(小学館)及びすべての作品
  • 第13回(2013年度)
    • 大賞 - 菅浩江『誰に見しょとて』(早川書房)

海外部門[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]