セロ・デ・パスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セロ・デ・パスコ
—    —
セロ・デ・パスコの日の入り


印章
セロ・デ・パスコの位置
セロ・デ・パスコ
座標: 南緯10度41分11秒 西経76度15分45秒 / 南緯10.68639度 西経76.26250度 / -10.68639; -76.26250
ペルーの旗 ペルー
パスコ県
パスコ郡
住人の呼称 セレーノ(セレーナ)
行政
 - 市長 ホニ・テオドシオ・ベントゥラ・リバデネイラ
標高 4,330m (14,206ft)
人口
 - 計 70,000人

セロ・デ・パスコスペイン語: Cerro de Pasco)は、ペルー中部のアンデス山脈上に位置する都市。人口7万人のパスコ県の県都で、鉱業の主要な中心地である。標高4330mの世界で最も高所に位置する都市のひとつだが、人口5万人以上の都市に限ると確実に世界一の高所にある。ヤナカンチャ地域では4380mにもなる。300km離れた首都リマまで、道路と鉄道が通じている。

鉱業[編集]

17世紀初頭に銀鉱が発見されて以来、この地は世界有数のの産地となった。スペインに搾り取られたにもかかわらず、今なお活発な鉱業の中心地であり続けている。

現在、鉱山は20世紀の民営化でセントロミン社から採掘権を購入したボルカン・コンパニーア・ミネーラ社が経営している。地下と露天掘りを合わせた生産量は2006年で鉛5.83万トン、亜鉛15.53万トン、銀850万オンスなど総計334万トンにおよぶが、これが採掘量か実際に取り出された量かははっきりしない。の生産は何年も前に停止され、古い精錬所の廃墟がコルキヒルカの西の線路近くに残っている[1]

グレイ・ブレチンは、セロ・デ・パスコの鉱山はウィリアム・ランドルフ・ハーストとその家族の主要な収入源だったと述べている[2]

気候[編集]

標高4300mに位置するセロ・デ・パスコの気温は最も高い月でも10度以下で、高山気候またはツンドラ気候ケッペンの気候区分のETw)、あるいは亜極海洋性気候 (Cwc) というまれな別の気候にあたる。湿度は夏高く、冬低いが、気温は一年を通して低い。しばしば降雪がある。

年間平均気温は5.5度、年間平均降水量は999mmである。

セロ・デ・パスコの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 11.9
(53.4)
10.9
(51.6)
11.4
(52.5)
12.9
(55.2)
12.2
(54)
12.7
(54.9)
12.5
(54.5)
12.9
(55.2)
12.0
(53.6)
12.4
(54.3)
12.5
(54.5)
13.0
(55.4)
12.28
(54.09)
平均最低気温 °C (°F) 0.6
(33.1)
0.9
(33.6)
0.7
(33.3)
−0.4
(31.3)
−2.0
(28.4)
−4.0
(24.8)
−3.9
(25)
−3.1
(26.4)
−1.6
(29.1)
−0.8
(30.6)
−0.7
(30.7)
−0.1
(31.8)
−1.2
(29.84)
降水量 mm (inch) 137
(5.39)
151
(5.94)
153
(6.02)
80
(3.15)
43
(1.69)
14
(0.55)
16
(0.63)
26
(1.02)
52
(2.05)
98
(3.86)
103
(4.06)
126
(4.96)
999
(39.32)
出典: Climate-data.org[3]

脚注[編集]

  1. ^ Volcan Annual Report 2006
  2. ^ Brechin, "Imperial San Francisco", 1999, University of California Press
  3. ^ Climate: Cerro de Pasco”. 2013年9月5日閲覧。

座標: 南緯10度41分11秒 西経76度15分45秒 / 南緯10.68639度 西経76.26250度 / -10.68639; -76.26250