セレニティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セレニティー
Serenity
監督 ジョス・ウィードン
脚本 ジョス・ウィードン
製作 バリー・メンデル
製作総指揮 デイヴィッド・レスター
アリサ・テイガー
クリストファー・ブキャナン
出演者 ネイサン・フィリオン
音楽 デイヴィッド・ニューマン
撮影 ジャック・N・グリーン
編集 リサ・ラセック
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年9月30日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 3900万ドル[1]
興行収入 $38,869,464[1]
テンプレートを表示

セレニティー』(Serenity)は、2005年スペース・ウエスタン映画。脚本および監督ジョス・ウィードン。途中で放映がキャンセルされたフォックス放送サイエンス・フィクション番組、『ファイヤーフライ 宇宙大戦争』の続きとなる特別完結編。

2510年の未来を舞台としており、地球は滅亡しているが、人類文明は銀河に広がってその中心部が"同盟"を結成して統一支配している。この支配に反対した独立派の辺境惑星はユニフィケイション戦争で敗北した。セレニティーはファイアーフライ級の貨物船を改造した密輸船の名前で、この宇宙船は独立派の退役軍人であるマルを船長とする。彼は気の置けない仲間達とともに、同盟の目をかいくぐって密輸や窃盗など何でもやる宇宙の便利屋を生業としていた。しかしセレニティー号はひょうんなことから、危険な秘密を持つ少女リヴァーとその兄を乗客としたことから、同盟により執拗に追跡されている。

映画は2005年9月30日北アメリカユニバーサル・ピクチャーズにより公開された。積極的なレビューがされ、初週に1010万ドルのボックスオフィスを記録し、2週間トップ10にリストされた。

セレニティーは2005年にフィルムフォーカスのイアーアワードを受賞した。IGNフィルムのベストサイファイ部門およびベストトレイラーを受賞。ネビュラ賞のベスト脚本部門を受賞。Rotten Tomatoesの第7回ユーザー・トマト・アワードのベストサイファイ映画部門を受賞。スペイシー賞のフェイヴァリット部門を受賞。2006年ヒューゴー賞のBest Dramatic Presentationを受賞した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マル ネイサン・フィリオン 桐本琢也
ゾーイ ジーナ・トーレス 湯屋敦子
ウォッシュ アラン・テュディック 白熊寛嗣
リヴァー サマー・グロー 弓場沙織
サイモン ショーン・メイハー 風間秀郎

参考文献[編集]

  1. ^ a b Serenity”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]