セレスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sélestat
Blason ville fr Sélestat (Alsace).svg
Selestat Tour de l’horloge.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) アルザス地域圏Flag of Alsace.svg
(département) バ=ラン県Blason département fr Bas-Rhin.svg
(arrondissement) セレスタ=エルスタン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 67462
郵便番号 67600
市長任期 マルセル・ボーエル
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) C.C. de Sélestat
人口動態
人口 19,313人
2008年
人口密度 人/km²
住民の呼称 Sélestadien(ne)s
地理
座標 北緯48度15分37秒 東経7度27分18秒 / 北緯48.26027778度 東経7.455度 / 48.26027778; 7.455座標: 北緯48度15分37秒 東経7度27分18秒 / 北緯48.26027778度 東経7.455度 / 48.26027778; 7.455
標高 平均:? m
最低:165 m
最高:184 m
面積 44.40km² (4 440ha)
Sélestatの位置(フランス内)
Sélestat
Sélestat
公式サイト www.ville-selestat.fr
テンプレートを表示

セレスタフランス語:Sélestatアルザス語:Schleschtàttドイツ語:Schlettstadt)は、フランスアルザス地域圏バ=ラン県コミューン

地理[編集]

アルザス地域圏の中央部に位置し、コルマールの北22km、ストラスブールの南47kmにある。標高165mから184mの台地の上に市街があり、イル川左岸で発展した。ヴォージュ山脈にも近い。

モーリス・ルメール・トンネルの存在がロレーヌ地域圏への往来を容易にしている。43km西にあるサン=ディエ=デ=ヴォージュへの往来も含まれる。加えて、20kmほどでライン川や対ドイツ国境へ行ける。セレスタ郊外には手付かずの自然が残っている。

歴史[編集]

伝説によると、セレスタを作ったのは巨人のスレット(Sletto)であったという。セレスタのドイツ語名であるシュレットシュタットとは、この巨人の名に由来する。セレスタに関する最初の記述は8世紀にさかのぼるが、当時はキンツアイムの一部であった。セレスタの拡大は11世紀に始まる。ホーエンシュタウフェン家の先祖で、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世の祖母であるヒルデガルト・フォン・ビュレンは、聖フォワを崇敬するコンクの修道士が住まう教会1094年に建立した。この修道会は、1217年に皇帝フリードリヒ2世が都市の地位を与えるまでセレスタを支配していた。

都市の権力は徐々にブルジョワに移っていった。セレスタ住民や商人たちは、サント=フォワ教会から数メートルの所に教区教会としてサン=ジョルジュ教会を建てた。繁栄するセレスタは1354年十都市同盟に加盟し、1679年までの間に都市の防衛設備を強化した。

ルネサンス期のセレスタは、人文主義の中心地であった。セレスタにある学校の名は欧州中にとどろいた。神聖ローマ帝国南部を揺り動かした宗教改革ドイツ農民戦争、そして三十年戦争はセレスタを衰退させた。

1632年スウェーデン軍が、1634年にはフランス軍がセレスタを占領した。ルイ14世時代の1678年に結ばれたナイメーヘンの和約によって、セレスタはフランスに併合された。これらの時代に、ヴォーバンや技師ジャック・タラドが都市防衛を強化した。セレスタはフランス軍の駐屯地となって、自由都市としての特権は失せ、フランス化されていった。

ナポレオン3世スダンで敗れた後、1870年よりセレスタはドイツ帝国領に組み込まれた。再びフランスに帰属したのは第一次世界大戦終結後の1918年である。しかし1940年ナチス・ドイツ侵攻によってセレスタは占領地帯となった。1944年11月よりアメリカ陸軍がセレスタ解放に向けて戦闘を開始するが、ドイツの強力な抵抗戦で長期化し、最終的に1945年2月にセレスタは解放された。

みどころ[編集]

姉妹都市[編集]