セルフ・ポートレイト (ボブ・ディランのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルフ・ポートレイト
ボブ・ディランスタジオ・アルバム
リリース アメリカ合衆国の旗 1970年6月8日
録音 1969年4月24日–1970年3月30日
ジャンル カントリー・ロックロック
時間 73分15秒
レーベル コロムビア
プロデュース ボブ・ジョンストン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ゴールド等認定
  • アメリカ合衆国の旗 ゴールド(RIAA
ボブ・ディラン 年表
ナッシュヴィル・スカイライン
(1969年)
セルフ・ポートレイト
(1970年)
新しい夜明け
(1970年)
テンプレートを表示

セルフ・ポートレイト』(: Self Portrait)は、1970年にリリースされたボブ・ディラン10作目のスタジオ・アルバム1969年8月31日ワイト島音楽祭ザ・バンドをバックに演奏したライブ録音4曲も収録されている。『ブロンド・オン・ブロンド』(1966年)に次ぐニ枚組ダブル・アルバムであるが、収録曲の大半がトラデショナル・ソングやサイモン&ガーファンクル、ゴードン・ライトフットなどの他人の作品からなっている。

全米キャッシュ・ボックス誌でディラン初のNo.1アルバムとなった。ビルボード・トップ LP's チャートで最高4位、全英アルバム・チャートで1位を記録した。RIAAによりゴールド・ディスクに認定されている。

解説[編集]

前作の『ナッシュヴィル・スカイライン』(1969年)の流れをくむカントリー路線に、ストリングスや女性コーラスなどポップス色が加わり、ディランの音楽の原点をうかがい知ることができるが、全体的に大まかな出来で、ザ・バンドとのワイト島ライブ音源が入るなどあえて統一性を持たせていない。ディラン自身は海賊盤対策として意図的にリリースしたと『バイオグラフ』(1985年)のライナーには記している。

売れ行きは好調だったが、内容については評価が分かれている。マイケル・グレイ(『ディラン、風を歌う』)のようにシンガーとしてのディランを高く評価する論者もいるが、雑誌「ローリング・ストーン」を中心とする評論家などは批判的で、ディランが平凡なポップ歌手に堕落したと看做す声が多い。

ナッシュヴィル・スカイライン』から始めた澄んだ声と、それ以前のしゃがれ声を曲によって使い分けており、「ボクサー」ではその二種類の声による一人デュエットを披露している。

「オール・ザ・タイアード・ホーシズ」は女性コーラスのみでディランは歌っていないが、ポール・ウィリアムズ(『瞬間の轍』音楽之友社)は、「エネルギー不在を歌った曲としてこのアルバムで唯一永続性を持つ」と評価しており、 多くのカバーが作られ続けている。

「リヴィング・ザ・ブルース」は「ナッシュヴィル・スカイライン」のアウトテイク。

「ウィグワム」はシングル・カットされ全米41位まで上がった。

ジャケットの絵は、ディランの手による自画像セルフ・ポートレイト)である。

収録曲[編集]

Side 1[編集]

  1. オール・ザ・タイアード・ホーシズ - All the Tired Horses – 3:12
    • 作詞・作曲: ディラン
  2. アルバータ#1 - Alberta #1 – 2:57
    • トラディショナル、編曲: ディラン
  3. 忘却の彼方に - I Forgot More Than You'll Ever Know – 2:23
    • 作詞・作曲: Cecil A. Null
  4. デイズ・オブ・フォーティ・ナイン - Days of '49 – 5:27
  5. 朝の雨 - Early Mornin' Rain – 3:34
  6. イン・サーチ・オブ・リトル・セイディ - In Search of Little Sadie – 2:27
    • トラディショナル、編曲: ディラン

Side 2[編集]

  1. レット・イット・ビー・ミー - Let It Be Me – 3:00
  2. リトル・セイディ - Little Sadie – 2:00
    • トラディショナル、編曲: ディラン
  3. ウギ・ブギ - Woogie Boogie – 2:06
    • 作詞・作曲: ディラン
  4. ベル・アイル(美しい島) - Belle Isle – 2:30
    • トラディショナル、編曲: ディラン
  5. リヴィング・ザ・ブルース - Living the Blues – 2:42
    • 作詞・作曲: ディラン
  6. ライク・ア・ローリング・ストーン - Like a Rolling Stone – 5:18
    • 作詞・作曲: ディラン
    1969年8月31日ワイト島音楽祭、ライブ録音

Side 3[編集]

  1. コパー・ケトル - Copper Kettle (The Pale Moonlight) – 3:34
    • 作詞・作曲: Alfred Frank Beddoe
  2. ゴッタ・トラヴェル・オン - Gotta Travel On – 3:08
    • 作詞・作曲: Paul Clayton/Larry Ehrlich/David Lazar/Tom Six
  3. ブルー・ムーン - Blue Moon – 2:29
  4. ボクサー - The Boxer – 2:48
  5. マイティ・クイン - Quinn the Eskimo (The Mighty Quinn) – 2:48
    • 作詞・作曲: ディラン
    1969年8月31日ワイト島音楽祭、ライブ録音
  6. テイク・ミー・アズ・アイ・アム - Take Me as I Am (Or Let Me Go) – 3:03

Side 4[編集]

  1. マリーへのメッセージ - Take a Message to Mary – 2:46
  2. イッツ・ハーツ・ミー・トゥー - It Hurts Me Too – 3:15
    • トラディショナル、編曲: ディラン
  3. ミンストレル・ボーイ - Minstrel Boy – 3:32
    • 作詞・作曲: ディラン
    1969年8月31日ワイト島音楽祭、ライブ録音
  4. シー・ビロングズ・トゥ・ミー - She Belongs to Me – 2:43
    • 作詞・作曲: ディラン
    1969年8月31日ワイト島音楽祭、ライブ録音
  5. ウィグワム - Wigwam – 3:09
    • 作詞・作曲: ディラン
  6. アルバータ#2 - Alberta #2 – 3:12
    • トラディショナル、編曲: ディラン

パーソネル[編集]

  • エンジニアリング - Neil Wilburn、Don Puluse、Glynn Johns
  • フォトグラフィ - John Cohen、Al Clayton、Camera Press
  • アルバム・デザイン - Ron Coro
  • ジャケット・カバー絵 - ボブ・ディラン

反響・評価[編集]

アルバムは、全米『キャッシュ・ボックス』誌でディラン初のNo.1アルバムとなった。1970年7月25日付『ビルボード』誌「トップ LP's」チャートで最高4位、全英アルバム・チャートで1位を記録した[1][2]アメリカ・レコード協会 RIAA により1970年6月22日ゴールド・ディスクに認定されている[3]

チャート[編集]

アルバム
チャート 最高順位
1970年 キャッシュ・ボックス 1
1970年 ビルボード・トップ LP's 200 4
1970年 全英アルバム・チャート Top 75 1

リリース[編集]

アメリカ
日付 レーベル フォーマット カタログ番号 付記
1970年6月8日[4] Columbia 2LP C2X 30050
Columbia CD CK
日本
日付 レーベル フォーマット カタログ番号 付記
1970年 CBSソニー 2LP SONP-50318・50319
1973年 CBSソニー 2LP SOPI-5・6
1974年 CBSソニー 2LP SOPJ-49・50
1976年 CBSソニー 2LP 40AP 279・280
1991年12月1日[5] ソニー CD SRCS-6160 NICE PRICE LINE

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “Top LP's”. Billboard (Billboard Publications, Inc.) (July 25, 1970): p. 66. http://books.google.co.jp/books?id=dikEAAAAMBAJ&lpg=PA59&dq=billboard%201970&pg=PA66#v=onepage&q&f=false 2011年3月18日閲覧。. 
  2. ^ Bob Dylan - The Official Charts Company” (英語). theofficialcharts.com. 2011年3月18日閲覧。
  3. ^ RIAA Gold and Platinum Search for albums by Bob Dylan” (英語). RIAA. 2011年3月18日閲覧。
  4. ^ Self Portrait” (英語). bobdylan.com. 2011年3月18日閲覧。 “06/08/1970”
  5. ^ セルフ・ポートレイト”. ソニー・ミュージック. 2009年8月10日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]