セルフ・ハンディキャッピング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セルフ・ハンディキャッピング(Self-handicapping)とは、自分の失敗を外的条件に求め、成功を内的条件に求めるための機会を増すような、行動や行為の選択のことを指す概念。エドワード・E・ジョーンズ英語版らによって提唱された。自分自身にハンディキャップを付けること、の意味である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]