セルフライゲーティングブラケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セルフライゲーティングブラケット (self-ligating bracket) とは、結紮線やエラストメトリックタイなどの替わりに、クリップ、シャッタや嵌め込み式器具などにより、アーチワイヤをアーチワイヤスロットに固定する機構(メカニクス)を持ったブラケットのことである。ローフォースローフリクションテクニックに用いられる。セルフライゲーションブラケット(self-ligation bracket)とも言う。代表的なものとして、ミニクリッピー(トミー)、クリッピーC(トミー)、クリッピーL(トミー)、デーモンシステムオームコ)、クリアスナップデンツプライ三金)、クリアティSL セラミック ブラケット(3M ヘルスケア)、スマートクリップ(3M ヘルスケア)がある。

関連項目[編集]