セルヒオ・マルチネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルヒオ・マルチネス
Sergio Gabriel Martínez 2010.jpg
基本情報
本名 セルヒオ・ガブリエル・マルチネス
通称 Maravilla(驚異の男)[1]
階級 ミドル級
身長 178cm
リーチ 191cm
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 1975年2月21日(39歳)
出身地 ブエノスアイレス州アベヤネダ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 56
勝ち 51
KO勝ち 28
敗け 3
引き分け 2
テンプレートを表示

セルヒオ・マルチネスSergio Martinez、男性、1975年2月21日 - )は、アルゼンチンプロボクサーブエノスアイレス州アベヤネダ出身。現在はスペインへ移住、マドリードに住居を構えている。元WBC世界ミドル級王者。元WBO世界ミドル級王者。元WBC世界スーパーウェルター級王者。「Maravilla(マラビージャ、驚異の男)」の異名を持つ。豊かなスピードに乗せて、サウスポーでは珍しくスピーディなジャブを主武器に、顔面へのパンチが多くボディへの攻撃はほとんどしないが、逆ワンツーなどの高度なテクニックを織り交ぜてダウンを奪う天才肌のボクサーである。プロモーターはディベラ・エンターテイメントに所属。自身のプロモーション、マラビージャボックスも主催している。


ミドル級に階級を上げてからは普段の体重が90キロ近くあると言われており、約2か月で17~18キロの減量後、試合前日の計量後に80キロ前後まで体重を増やして試合に臨むことが多い[2][3]WBCダイヤモンド王者としてWBC正規王者と統一戦を行った唯一のボクサーである。

来歴[編集]

父親は建設作業員や板金工として働いていたが、家庭が貧しかったことでマルチネスは周囲の子供達からいじめられていた。ボクシングを始める前は自転車とサッカーの選手であった、しかし1995年5月2日20歳の時にボクシングへの転向を決め、元ボクサーであった叔父のトレーニングを受け始めて5週間後には試合に出場した。ボクシングでオリンピック代表になることを目指していたが1996年8月に左手を骨折、手術を受けボクシングから1年間離れることになる。この期間にオリンピックを目指すには年を取り過ぎていると考えたマルチネスは1997年12月にプロへ転向することを決めた。アマチュアボクシングの戦績は39勝2敗であった[4][5]

1997年12月27日、プロデビュー。

2000年2月19日、プロ18戦目、初海外試合でアメリカにてアントニオ・マルガリートメキシコ)と対戦し、7回TKO負け。キャリア初黒星となった。 マルチネスはこの時のことを、当時はお金を稼ぐために朝5時か6時には起床して溶接工をしていた父親の手伝いをしており、一日中働いて夜からしかボクシングの練習ができなかった上に、アルゼンチンのボクシング連盟が非協力的でスパーリングなどが行えず自分一人で練習するしかなかった。またこの敗北によりトレーナー、アルゼンチンのボクシング関係者、後援者が一気にマルチネスから離れていったことで人生について多くのことを学んだと、のちに回顧している[6]

2000年6月16日、アルゼンチンでWBOラテンアメリカウェルター級王座を獲得した。再び手を負傷、約1年間試合から遠ざかる。

2001年9月8日、空位のアルゼンチンウェルター級王座を獲得、その後1度の防衛に成功した。

2002年2月2日、アルゼンチンでの最後の試合。不安定なアルゼンチン経済及びアルゼンチンボクシング連盟との軋轢から、マルチネスはヨーロッパへ渡ることを決意、最終的にスペインのシェアハウスに住み、バーの用心棒や皿洗いで生計を立てながらボクシングを続けた[4]

2003年6月21日、イギリスでIBO世界スーパーウェルター級王者リチャード・ウィリアムス(イギリス)と対戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した。以後、2度の防衛に成功した。

2005年3月4日、スペインでWBCラテンアメリカスーパーウェルター級王座を獲得した。以後、2度の防衛に成功した。

2007年4月27日、テキサス州にてWBC世界スーパーウェルター級王座挑戦者決定戦でサウル・ローマン(メキシコ)と対戦し、4回KO勝ちで王座挑戦権を獲得した。

2008年10月4日、カリフォルニア州にてWBC世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦でアレックス・ブネマ(コンゴ)と対戦し、8回終了時にレフェリーストップ勝ちとなり、初となる世界王座を獲得した。

2009年2月14日、フロリダ州にてネート・キャンベル対アリ・フネカの前座でカーミット・シントロンプエルトリコ)と対戦し、1-0(116-110、113-113が2者)の判定ドローで初防衛に成功した。7回には左ストレートでダウンを奪いカウントアウトで試合が止められるも、シントロンがヘッドバットだとアピールし試合が再開される場面もあった。

2009年5月21日、正規王者バーノン・フォレストアメリカ)が肋骨負傷による戦線離脱を原因に王座を剥奪されたため、空位の正規王座に認定され正規王者となった[7]

2009年12月5日、ニュージャージー州ボードウォーク・ホール・ダンスホールにてノンタイトルマッチでポール・ウィリアムス(アメリカ)と対戦し、0-2の判定負けを喫した。

2010年4月17日、ニュージャージー州のボードウォーク・ホールにてケリー・パブリク(アメリカ)の持つWBC・WBO・リングマガジン世界ミドル級王座に挑戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得し2階級制覇を達成した[8]。その後WBC世界スーパーウェルター級王座を返上、WBO世界ミドル級王座は剥奪された[9]

2010年11月20日、ニュージャージー州のボードウォーク・ホールにてWBC世界ミドル級王座の初防衛戦をミドル級の規定体重を3ポンド下回る157ポンドのキャッチウェイトでポール・ウィリアムスと再戦。2回に左フックでウィリアムスをマットに沈め、KO勝ちで初防衛に成功した[10]。この試合は2010年度のリングマガジン ノックアウト・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

2011年1月18日、WBCより名誉王者に認定された[11]

2011年3月4日、ヘッドトレーナーのガブリエル・サルミエントが2008年に起きた事件の加重暴行容疑で逮捕され懲役8年の宣告を受ける(2013年に仮釈放)。これ以降、ガブリエルの弟パブロ・サルミエントがヘッドトレーナーを務めている[12]

2011年3月12日、コネチカット州レッドヤード市フォックスウッズ・リゾート・カジノ内にあるMGMグランド・アット・フォックスウッズで行われたWBC世界ミドル級ダイヤモンド王座決定戦で、ここまで37戦全勝(24KO)のWBO世界スーパーウェルター級王者セルゲイ・ジンジラクウクライナ)と対戦し、8回1分43秒TKO勝ちを収めWBC世界ミドル級ダイヤモンド王座を獲得した[13]

2011年10月1日、ニュージャージー州アトランティックシティボードウォーク・ホール・ダンスホールにて、23戦全勝(14KO)で後のIBF世界ミドル級王者ダレン・バーカー(イギリス)と対戦し、11回KO勝ちで初防衛に成功した[14]

2012年3月17日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン・シアター で、同級2位マシュー・マックリン(イギリス)と対戦し、11回終了TKO勝ちで2度目の防衛に成功[15]

2012年9月15日、ラスベガストーマス&マック・センターで、WBC世界ミドル級王者フリオ・セサール・チャベス・ジュニア(メキシコ)と対戦。12回にダウンを奪われるも、3-0(118-109が2者、117-110)の大差判定勝ちで逃げ切り、正規王座に返り咲いた[16]。試合後にマルチネスが4ラウンドで左手を亀裂骨折していたことが判明、さらに診断の結果、右ひざの靭帯も部分断裂していたためスペインで手術を受けた[17]。対戦相手のフリオ・セサール・チャベス・ジュニアは試合後のドーピング検査でマリファナが検出され出場停止と罰金が科せられた。

2013年4月27日、ブエノスアイレスにあるエスタディオ・ホセ・アマルフィターニWBA世界ミドル級暫定王者マーティン・マレー(イギリス)とWBC世界ミドル級王座の初防衛戦を行い、3-0(3者とも115-112)の判定勝ちで初防衛に成功した[18]。マルチネスは2002年以来、約11年ぶりの母国アルゼンチンでの試合となった。しかし再び左手を骨折、右ひざを損傷し手術を受けることになる。左手の骨折は試合途中の2ラウンドに負ったものであったが、右ひざは試合前のトレーニング中に負傷しており、「怪我は全て100%治癒した」と発表していたが、実際には負傷が癒えない中での試合だった[19]

2013年11月6日、WBC総会でマルコ・アントニオ・ルビオと指名試合を行うよう指令が出され、負傷欠場中であるセルヒオ・マルチネスがルビオと試合を行えない場合には、暫定王座を賭けてルビオとドメニコ・スパダが対戦することが決定された[20]

2014年6月7日、約1年ぶりの試合をニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで元世界3階級制覇王者でWBC同級1位のミゲール・コットとWBC世界ミドル級王座の防衛戦で対戦。1ラウンド目に3回のダウンを喫する苦しい立ち上がりからその後も被弾し続け、9ラウンドにもダウンを喫する。10ラウンド開始直後、セコンドがレフェリーにストップを申請しTKO負け。2回目の防衛に失敗して王座から陥落した[21]

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「現代スーパーボクサー」【5】セルヒオ・マルティネス(アルゼンチン) 時事ドットコム 2012年9月18日
  2. ^ 孤高の王者マルチネス nikkansports.com 2012年3月14日
  3. ^ 24時間で9キロ戻すドネア ~ 減量に関する話 V ~ スピードかパワーか 相手によって選択 WOWOWオンライン 2011年12月2日
  4. ^ a b Sergio Martinez Part One: A King Goes in Search of his Crown”. Dog House Boxing (2010年11月30日). 2013年6月3日閲覧。
  5. ^ Sergio Martinez Part Two: The General Crowns his King”. Dog House Boxing (2010年12月2日). 2013年6月3日閲覧。
  6. ^ Sergio Martinez: Better late than never”. The Ring (2010年11月19日). 2013年6月3日閲覧。
  7. ^ Dan Rafael (2009年5月21日). “Martinez now jr. middleweight champ” (英語). ESPN. 2010年11月27日閲覧。
  8. ^ マルティネス殊勲! パブリックを攻略 ミドル級統一戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年4月18日
  9. ^ 浜田剛史の世界トップ選手ウォッチ WOWOWオンライン ボクシング・ビート2010年7月号より
  10. ^ 衝撃の一発KO ウィリアムズ2回で眠る 世界ミドル級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年11月21日
  11. ^ マルティネス名誉王者、ズビック正規王者に WBCミドル級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年1月19日
  12. ^ Sergio Martinez Responds To Attack By Former Coach” (2013年3月24日). 2013年6月1日閲覧。
  13. ^ マルティネス、ジンジルクをKO WBCダイヤモンドベルト戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年3月13日
  14. ^ マルティネスまたKO防衛 WBCミドル級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年11月3日
  15. ^ ミドル級最強マルティネス終盤TKO勝利 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年3月18日
  16. ^ アリーナ大興奮 マルティネス、大差でチャベスJr下す ボクシングニュース「Box-on!」 2012年9月18日
  17. ^ Sergio Martinez to have knee surgery”. ESPN.com (2012年10月17日). 2013年11月1日閲覧。
  18. ^ マルティネス意外な苦戦 地元で王座死守 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月28日
  19. ^ Sergio Martinez out for 2013”. ESPN.com (2013年4月29日). 2014年6月16日閲覧。
  20. ^ WBC announces mandatory fights”. ESPN.com (2013年11月6日). 2013年11月5日閲覧。
  21. ^ コット4階級制覇、マルティネスを10回TKO Boxing News(ボクシングニュース)2014年6月8日
  22. ^ 2010年最優秀はマルティネス パッキアオは過去10年のMVP WBCが発表 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年1月4日
  23. ^ 全米記者会MVPにマルティネス、最高試合はカーン-マイダーナ ボクシングニュース「Box-on!」 2011年1月24日

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
アレックス・ブネマ
WBC世界スーパーウェルター級暫定王者

2008年10月4日 - 2009年5月21日

次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
バーノン・フォレスト
第41代WBC世界スーパーウェルター級王者

2009年5月21日 - 2010年6月17日(返上)

空位
次タイトル獲得者
マニー・パッキャオ
前王者
ケリー・パブリク
第30代WBC世界ミドル級王者

2010年4月17日 - 2011年1月18日(名誉王座認定)

空位
次タイトル獲得者
セバスチャン・ズビク
前王者
ケリー・パブリク
第19代WBO世界ミドル級王者

2010年4月17日 - 2010年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ディミトリー・ピログ
前王者
フリオ・セサール・チャベス・ジュニア
第33代WBC世界ミドル級王者

2012年9月15日 - 2014年6月7日

次王者
ミゲール・コット