セルジオ・アサド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セルジオ・アサド(Sergio Assad, 1952年12月26日 - )は、ブラジルクラシック・ギター奏者、作曲家編曲家

弟のオダイル・アサドと「アサド兄弟」の名でしばしば演奏する。アメリカ合衆国でのデビューは1969年であるが、それ以前に故郷のブラジルですでに活動していた。アストル・ピアソラを含む多くの作品をギター独奏やギター二重奏のために編曲している。アンドレス・セゴビアの孫弟子にあたる。セルジオとオダイルの妹のバディ・アサドもクラシックギター奏者である。

作品[編集]

  • ブラジル組曲(2本のギターのための)
  • 組曲「夏の庭」(2本のギターのための)
  • アクアレル(ギター独奏のための)
  • ソナタ(ギター独奏のための)
  • カリオカ幻想曲(2本のギターと室内管弦楽のための)
  • 冬の印象(フルート・ヴィオラ・ギターのための)
  • バレエ「エスパンタルホ」(室内管弦楽のための)
  • アンダルシア(ヴァイオリンと2本のギターのための)
  • イスタンブール(ヴァイオリンと2本のギターのための)
  • 幻想協奏曲(ギターと弦楽のための)
  • コンセルト・オリジニス(ギター・デュオとヴァイオリンとオーケストラのための)
  • インターチェンジ(ギター・カルテットとオーケストラのための)