セルゲイ・ソボレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルゲイ・ソボレフ

セルゲイ・リヴォーヴィチ・ソボレフСергей Львович Соболев, 1908年10月6日 - 1989年1月3日)は、ロシア数学者である。偏微分方程式解析学の分野で研究を行った。サンクトペテルブルクに生まれ、モスクワで亡くなった。

1929年レニングラード大学を卒業した後、ウラジーミル・スミルノフと共に働いた。1932年からはレニングラードで、1934年からはモスクワのステクロフ数学研究所で働いた。1935年から1957年の間にモスクワ大学の教授をつとめ、また1943年から1957年の間にはクルチャトフ研究所に所属し、核爆弾の計画にも関わった。ソ連科学アカデミーシベリア部門、アカデムゴロドクの数学研究所や、ノヴォシビルスク大学の設立に貢献している。1988年ロモノーソフ金メダル受賞。

関連項目[編集]