セルゲイ・イワノビッチ・モシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルゲイ・イワノビッチ・モシン
Сергей Иванович Мосин
Sergei Ivanovich Mosin
生誕 1849年4月14日
ヴォロネジ州ラモン英語版
死没 1902年2月8日(52歳)
トゥーラ
職業 銃器設計者
配偶者 Catherine McQuety

セルゲイ・イワノビッチ・モシンロシア語: Сергей Иванович Мосин, Sergei Ivanovich Mosin, 1849年4月2日または4月14日 - 1902年2月8日)は、ロシアの軍人、銃器設計者。モシン・ナガン小銃の設計者として特にその名を知られる[1]

若年期[編集]

1849年4月14日(ユリウス暦では4月2日)、ヴォロネジ州ラモンにて百姓の息子として生を受けた。12歳でヴォロネジ軍学校ロシア語版に入学し軍人の道を歩むことになる。1867年、ミハイロフスキー砲兵学校ロシア語版に進む。1875年に卒業すると共に大尉に任官し、トゥーラ造兵廠英語版の機関銃部門に配属された[1]

モシン・ナガン[編集]

トゥーラに派遣されたモシンはベルダン・ライフル英語版の開発に携わり銃器技師としてのキャリアを積み始め、やがてナガン英語版兄弟との協力の元に開発した小銃がモシン・ナガンM1891として帝国軍の制式小銃に採用されたのである[2]。その後、大佐まで昇進したモシンはセストロレツク兵器廠の主任技師に就任した[3]。1902年2月8日に死去し、セストロレツクの墓地に埋葬された[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Aleksandr Mikhaĭlovich Prokhorov, ed (1973). Great Soviet encyclopedia. 17 (3 ed.). Macmillan. p. 181. 
  2. ^ Wood, J. B. (2003). The Gun Digest Book of Firearms Assembly/Disassembly: Part 4 Centerfire Rifles. 4 (2 ed.). Iola, Wisconsin: Krause Publications. p. 383. ISBN 978-0-87349-631-5. 
  3. ^ Barker, A. J.; John Walter (1971). Russian infantry weapons of World War II; Illustrated histories of twentieth century arms. Arco Pub. Co.. p. 15. 
  4. ^ [1]