セリナ・ヘイスティングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セリナ・ハンティンドン伯爵夫人

セリナ・ヘイスティングス(Selina Hastings、1707年8月24日 - 1791年6月17日)は、イングランドウェールズメソジスト・リバイバルの指導者たちを経済力で支えた婦人である。ハンティンドン伯爵夫人(Countess of Huntingdon)として知られる。

生い立ち[編集]

第2代フェラーズ伯爵ワシントン・シャーリー (enの娘としてレスターシャーに生まれ、1728年にカルヴァン主義者の第9代ハンティンドン伯爵セオフィラス・ヘイスティングス (enと結婚した。

メソジスト・リバイバル[編集]

伯爵夫人は、1739年にメソジスト・ソサエティに参加する。1746年から1767年の間に夫と2人の息子に先立たれた後、ジョン・ウェスレージョージ・ホウィットフィールドの働きを支えるようになる。チャールズ・ウェスレー夫人とは親しかったと言われている。

ホウィットフィールドは伯爵夫人のチャプレンとなり、カルヴァン主義メソジストの運動を進めた。ホウィットフィールドとウェスレーの論争時にハンティンドン伯爵夫人はカルヴァン主義のホウィットフィールドの側に立った。

伯爵夫人の生涯の最初の頃はアイザック・ワッツレディー・メアリー・アブニーフィリップ・ドッドリッジオーガスタス・トプレディーが友人であった。彼らの死後、レディー・アン・アグネス・アースキンが最も親しい友人として共にいた。

伯爵夫人は、60あまりの教会を建てた。

参考[編集]

  • 『リバイバル人物伝』立石靖夫 新生宣教団 ISBN 4882810883