セリエA (サッカー) 2006-2007

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セリエA (サッカー) 2006-2007は、現在の形になった1929-1930シーズンから75シーズン目のセリエA2006年9月10日から2007年5月27日まで行われた。インテルナツィオナーレ・ミラノが15度目の優勝を果たした。

順位表[編集]

順位 クラブ 試合数 引分 得点 失点 得失点差 勝点 備考
1
インテル
38
30
7
1
80
34
+46
97
CLグループリーグ出場権
2
ASローマ
38
22
9
7
74
34
+40
75
3
ラツィオ
38
18
11
9
59
33
+26
62[1]
CL予選3回戦出場権
4
ACミラン
38
19
12
7
57
36
+21
61[1]
CLグループリーグ出場権[2]
5
パレルモ
38
16
10
12
58
51
+7
58
UEFA杯1回戦出場権
6
フィオレンティーナ
38
21
10
7
62
31
+31
58[1]
7
エンポリ
38
14
12
12
42
43
-1
54
8
アタランタ
38
12
14
12
56
54
+2
50
9
サンプドリア
38
13
10
15
44
48
-4
49
UEFAインタートトカップ3回戦出場権[3]
10
ウディネーゼ
38
12
10
16
49
55
-6
46
11
リヴォルノ
38
10
13
15
41
54
-13
43
12
パルマ
38
10
12
16
41
56
-15
42
13
カターニア
38
10
11
17
46
68
-22
41
14
レッジーナ
38
12
15
11
52
50
+2
40[1]
15
シエナ
38
9
14
15
35
45
-10
40[4]
16
トリノ
38
10
10
18
27
47
-20
40
17
カリアリ
38
9
13
16
35
46
-11
40
18
キエーヴォ
38
9
12
17
38
48
-10
39
セリエB降格
19
アスコリ
38
5
12
21
36
67
-31
27
20
メッシーナ
38
5
11
22
37
69
-32
26
  1. ^ カルチョ・スキャンダルの裁定により、次のチームには勝ち点マイナスのペナルティが課せられた。ラツィオ=-3ポイント、ACミラン=-8ポイント、レッジーナ=-11ポイント、フィオレンティーナ=-15ポイント。
  2. ^ UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07で優勝したため、UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08のグループリーグ出場権が与えられた。
  3. ^ コッパ・イタリア決勝進出チームがUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得したインテルとASローマだったため、8位のアタランタにコッパ・イタリア優勝者枠のUEFAインタートトカップ出場権が与えられるはずであったが、アタランタはヨーロッパカップ戦出場の条件を満たしていなかったため、9位のサンプドリアに同権利が与えられた。
  4. ^ シエナはは税金の滞納により勝ち点-1ポイントのペナルティが課せられた。

得点ランキング[編集]

順位 選手 得点 所属
1
イタリアの旗 フランチェスコ・トッティ
26
ASローマ
2
イタリアの旗 クリスティアーノ・ルカレッリ
20
リヴォルノ
3
イタリアの旗 クリスティアン・リガノ
19
メッシーナ
4
イタリアの旗 ロランド・ビアンキ
18
レッジーナ
5
イタリアの旗 ニコラ・アモルーゾ
17
レッジーナ
イタリアの旗 ジョナサ・スピネージ
17
カターニア
7
ルーマニアの旗 アドリアン・ムトゥ
16
フィオレンティーナ
イタリアの旗 トンマーゾ・ロッキ
16
ラツィオ
イタリアの旗 ルカ・トーニ
16
フィオレンティーナ

その他[編集]