セラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セラン
Seraing /Serè
市庁舎
市庁舎
セランの市旗 セランの市章
市旗 市章
位置
リエージュ州におけるセランの位置の位置図
リエージュ州におけるセランの位置
座標 : 北緯50度35分0秒 東経5度30分0秒 / 北緯50.58333度 東経5.50000度 / 50.58333; 5.50000{{#coordinates:50|35|0|N|5|30|0|E| name=

}}

行政
ベルギーの旗 ベルギー
 地域 ワロン地域の旗 ワロン地域
 州 リエージュ州の旗 リエージュ州
 市 セラン
市長 Alain Mathot(PS
地理
面積  
  市域 35.34 km2
人口
人口 (2006年1月1日現在)
  市域 60,740人
    人口密度   1,719人/km2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 4100, 4101, 4102
市外局番 04
公式ウェブサイト : www.seraing.be

セランオランダ語: Seraing,ワロン語: Sèrè)は、ベルギーワロン地域リエージュ州の都市、基礎自治体である。セランには旧コミューンであるボンセル(Boncelles)、ジュムプ=シュル=ムーズ(Jemeppe-sur-Meuse)、ウグレ(Ougrée)が含まれる。リエージュアンスエルスタルセントニクラスフレマルなどの各都市や自治体などと共に、人口60万人のリエージュ都市圏を構成している。セランの南はコンドロ郡(Condro)でアルデンヌ地域へと続く。

歴史[編集]

古代から中世まで[編集]

いくらかの人骨や陶器の破片、武器、装身具の発見は5世紀から6世紀頃の物で、セランではフランク人の時代から人が定住していたことを証明している。最初にセランが文献に登場したのは956年のことで、カロリング朝ミューズ川の両側に領域を拡大し領有し始めサラン(Saran)と呼ばれるようになり、シント=トロイデンの修道院が寄贈されている。全ての領地は直ぐにリエージュ司教領となった。中世を通じて、セランの住民は免税を交換条件に河川を防御することでリエージュに対して忠誠を尽くした。渡し舟に代えて、最初の木造の橋が1381年に築かれている。

工業化[編集]

町の名は時代を経るごとに変わり、現在のスペルでの表記は18世紀からである。産業革命の到来によってミューズ川に近いことや、ウグレでの石炭の発見など当時様々な要因が結び付き、セランは産業の投資家をひき付けた。最初の製鉄所が設立されたのは1809年のことである。イギリス人起業家のジョン・コケリル(John Cockerill)によって鉄鋼業は高炉や従来の木炭の代わりに石炭を燃料に用いることで変革がもたらされた。新機軸を基に1817年、コケリルは企業を興している。次の10年間はさらに多くの冶金工場や鋳物工場がこの地域に設立され、ワロン地域の工業の中核を担うようになる。ガラス製造業は、安い石炭が手近に入ることから設立された。クリスタル・ガラスで有名なヴァル・サン・ランベール社は1826年にセランで操業を開始している。

ゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]