セラニーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セラニーズコーポレーション
企業形態 上場会社
取引所

NYSE: CE

ニューヨーク証券取引所
事業分野 石油化学製品および高機能プラスチック製造
前身 Celanese AG
設立

1918年・アメリカ合衆国

ニューヨーク州ニューヨーク市
創業者 Camille Dreyfus
本拠所在地

アメリカ合衆国

テキサス州ダラス市
事業地域 グローバル
代表者等 Mark C. Rohr, Chief Executive Officer and Director
売上高 6760百万米ドル(2011年)[1]
従業員数 7,400名 (2010年)[2]
ウェブサイト www.celanese.com

セラニーズコーポレーション (NYSE: CE)はアメリカ合衆国テキサス州ダラス市に本社を置く、石油化学製品プラスチック製品等を製造する世界的グローバル企業である。ニューヨーク証券取引所(NYSE: CE)に上場し、フォーチュン500にもリストされる企業体である。

事業体はAdvanced Engineered Materials(ティコナ部門)、Consumer Specialties, Indstrial Specialties, Acetyl Intermediatesの4事業部門を有し、北米、ヨーロッパ、アジアの24か所の製造拠点で、酢酸および酢酸誘導体、高機能プラスチック等を製造している。各種産業分野に広く使用される酢酸の世界トップメーカーであり、関連する酢酸ビニルモノマー(VAM)においても世界トップの生産規模を有する。最大の工場はアメリカ合衆国テキサス州クリアレーク市(Clear Lake, Texas)のパサデナプラント(Pasadena)であり、世界最大能力のの酢酸製造プラントを保有している。高機能プラスチック分野においても、ポリアセタール樹脂、液晶ポリマー、超高分子ポリエチレン、PPS樹脂では世界トップクラスの生産規模を誇る。ヨーロッパではドイツのフランクフルトプラント、オバーハウゼンプラント、アジアにおいてはシンガポールプラント、中国の南京プラント等、アメリカの主要生産拠点の他、ヨーロッパ・アジアにも主要な生産拠点を保有する。

同社は1863年設立のドイツの総合化学企業であるヘキスト(Hoechst AG)と1918年設立のアメリカンセラニーズ(American Celanese)の流れを引き継ぎ、巨大製薬会社であるヘキストセラニーズ(Hoechst Celanese)の時代を経て、ヘキストの解体と共に事業再編が行われ、前述の4事業を継承して現在のセラニーズコーポレーション(Celanese Corporation)の形となった。

2011年時点での売上は6760百万米ドル、2010年時点での従業員は約7400名となっている。

Celanese sales rise pushes up 4Q profit”. The Associated Press via www.bloomberg.com. 2011年2月9日閲覧。 </ref>

歴史[編集]

製品[編集]

酢酸および誘導体[編集]

酢酸・酢酸ビニルモノマー・無水酢酸酢酸エステル

高機能プラスチック(ティコナ、Ticona[編集]

ポリアセタール樹脂(POM)・超高分子ポリエチレン(UHMW-PE)・液晶ポリマー(LCP)・PPS等各種エンジニアリングプラスチック

コンシューマースペシャリティ-[編集]

アセテートトウ・アセテートフレーク・Sweetener・Sorbates

インダストリアルスペシャリティ-[編集]

エマルジョン

参考[編集]

外部リンク[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク