セミョーン・アラロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャイ (Çayを訪問するムスタファ・ケマル(ケマル・アタチュルク)。左から西部戦線総参謀長アシム・ギュンドゥズ英語版(アシム・ベイ)大佐、西部戦線司令官イスメト・イノニュ(イスメット・パシャ)少将、不明、ソビエト・ロシア駐在武官K.K.ズヴォナレフ、駐トルコ大使セミョーン・アラロフムスタファ・ケマル・パシャアゼルバイジャン共和国大使イブラヒム・アビロフ、第一軍司令官アリ・イーサン・サビス英語版(アリ・イーサン・パシャ)少将(1922年3月31日朝撮影)

セミョーン・イヴァーノヴィチ・アラロフロシア語: Семен Иванович Аралов、ラテン文字転写の例:Semyon Ivanovich Aralov1880年12月30日 - 1969年5月22日)は、ソ連共産党の活動家、赤軍諜報部(GRUの前身)の創設者。

経歴[編集]

セミョーン・アラロフは、モスクワの裕福な商人の家庭に生まれた。当初家業を継ぐつもりで、商業学校と商業大学を卒業した。しかし、1902年、ペルノフ擲弾兵連隊に志願し、社会民主運動に加わった。日露戦争時、前線で戦った後、1905年~1907年の革命に参加し、銃殺を言い渡されたが、執行されなかった。第一次世界大戦時にも前線で戦い、参謀大尉まで昇進した。

二月革命後、第3軍陸軍委員会副議長、後に議長。この時、メンシェヴィキに関係し、祖国防衛論(оборончество)の立場を取った。十月革命後、連隊長補佐官。1918年からボリシェヴィキ党員。1918年~1920年、モスクワ軍管区作戦課長、後に軍事人民委員、第12軍、第14軍及び南西戦線の革命軍事会議議員。1918年9月~1919年7月、ロシア革命軍事会議議員、1918年10月~1919年6月、ロシア革命軍事会議野戦本部軍事委員、1918年11月~1920年7月、革命軍事会議野戦本部登録局(情報局)長。

1921年1月~3月、キエフ軍管区革命軍事会議議員。1921年、駐ラトビア全権代表、1921年10月から駐トルコ全権代表、1923年、駐リトアニア全権代表。1925年4月から、ソ連外務人民委員部参事官。1926年12月、中華民国の人民代議員大会議長に任命。1927年から、ソ連国民経済会議幹部会議員、外国課長、ソ連財務人民委員部参事官。1938年から、国立文学博物館副館長、館長。

第二次世界大戦勃発と共に、前線に志願、大佐。1946年から党の業務。1957年、年金生活に入る。