セマカウ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セマカウ島のゴミ最終処分場

セマカウ島(セマカウとう、マレー語Pulau Semakau中国語士馬高島)は、シンガポールシンガポール島の8キロ南に位置している。元々漁村であったが、1990年代から住民がシンガポール島へ移転し無人島になってから、島の周りを囲み、堤防が造られ、隣のセカン島と繋がっている[1]1999年日本企業などの建設の下で、ゴミ最終処分場埋立地で建てられた[2]

ごみの浸出水がよく処理されているおかげて、島の西部海岸沿いのサンゴ礁は破壊されず、元の海洋生態が保たれている[3]

脚注[編集]

  1. ^ セマカウ島 (Pulau Semakau)
  2. ^ セマカウ島ゴミ処理場
  3. ^ セマカウ島