セブン・オブ・ナイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セブン・オブ・ナインは、『スタートレック:ヴォイジャー』に登場する人物の一人。ジェリー・リン・ライアンが演じた。日本語版の声は沢海陽子

人物[編集]

本名はアニカ・ハンセン(Annika.Hansen)。2350年ティンダラ・コロニー生まれ。子供の頃(7歳の誕生日直後)に、両親とともに乗っていた調査船をボーグに襲撃され、同化される。 父母は宇宙生物学的なボーグに関する調査を行っていたこと以外の詳細は不明。尚、この時乗船していたUSSレイヴンはUSSヴォイジャーでの航行中に再発見されている(両親もボーグとなっており、後年父とボーグ基地で会っている)。生命体8472に対抗するためボーグとUSSヴォイジャーが共同戦線を張ることになった時、連絡将校的役割のために派遣されてきた。一人称単数形で自己紹介を始め、ボーグ集合体の中における個体としての自身の名称を【ユニマトリックス01の第3付属員セブン・オブ・ナイン】と名乗り、セブン・オブ・ナインと呼称するよう要求した。生命体8472を撃退した後、USSヴォイジャーに同化を迫るもかえって退けられた為、艦に留まることとなる。

その後、USSヴォイジャーの緊急用医療ホログラムであるドクターによってボーグ集合体のリンクから切り離される。その後、ドクターと人間へ近づくためのレッスンなどをしている(ドクターは恋愛に似た感情を抱く)他、他のクルーとの関係から人間について学ぶ。その結果、ボーグになったために失ってしまった人間的感情を徐々に取り戻していく。しかし感情レベルが一定以上に高まると機能停止するようにされていたことから、人間本来の感情を100%開放することは出来なかった(チャコティに恋愛感情を抱いた際、徐々に機能が低下し最終的に機能停止に陥り発覚。このときは原因となった装置の除去を拒否するが、最終回近くでドクターの手術により除去される)。集合体の名残りで孤独は苦手だが、人間関係も苦手である。ボーグとの対決では、これらの経験が味方となり再同化に打ち勝つ。 ただし合理性と完全性を目指す姿勢だけは、ボーグ時代から変わっていない。この姿勢ゆえにゲームを楽しめなかったり、ツゥンカッツェの闘士にされてしまった時には汚い手を使うことを理解できずチャンピオンに叩きのめされたりもした。

睡眠は立ったままアルコーブで行う、片目が義眼である、機能の維持に皮質ノードを必要とする(一度自分の皮質ノードを失い、イチェブの皮質ノードを譲られている)等、ボーグ由来のサイバネティック生命体としての性質は完全には失っておらず、度々ドクターによる健康診断及び、メンテナンスを受けている。また、血液中にはナノマシンであるナノプローブも存在しており、医療行為のためにドクターに提供されて使用されることもある。

当初、クルーと衝突を繰り返しベラナ・トレスと喧嘩も多かった。途中『電磁空間』に捕らわれていた火星探査船アレース4の回収任務で人間的感情を経験するなどの経験を積み、副長のチャコティと恋愛をするなど関係を回復するまでになった。キャスリン・ジェインウェイ艦長とは衝突も多いが、人間の手本として尊敬しており、自分の人間性を取り戻してくれたことを感謝している。その為、ヴォイジャーに貢献したいという欲望は人一倍強い。またそれは、ボーグ時代にたくさんの人を同化してきたことを償いたいという気持ちのあらわれでもあると言える。

サイバネティック生命体であることによる特殊な能力と、ボーグに同化されていた頃に獲得したボーグテクノロジーの知識を武器に、ヴォイジャーでは艦の危機を度々救っている。クルーの中でも個人としての能力はもっとも高く、彼女がヴォイジャーにもたらしたボーグテクノロジーは数知れない。主な勤務場所は天体測定ラボ。地球に叔母のアイリーンがいる。

家族[編集]

  • マグナス・ハンセン (父)
  • エリン・ハンセン (母)
  • アイリーン・ハンセン (叔母)
  • ワン (息子?)