セブンアップ (トランプ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セブンアップ
Allfourssetup.jpg
3人で遊ぶ場合の例
概要
起源 イギリス
別名 ハイ・ロー・ジャック、オール・フォーズ
遊び方
種類 トリックテイキングゲーム
人数 2-4
枚数 52枚
デッキ アングロアメリカン
順番 時計回り(トリニダード・トバゴでは反時計回り)
カードランク
(最高-最低)
A K Q J 10 9 8 7 6 5 4 3 2
プレイ時間 約15分

セブンアップ英語: Seven Up)は英語圏の伝統的なトランプゲームの一つである。トリックテイキングゲームに属する。基本的にはカードの点数を競うポイントトリックゲームに属するが、特定の切り札を得ることによっても点数が得られる。

概要[編集]

得点のあるカードを取るだけでなく、切り札の最高のカード・最低のカード・ジャックを取ることによっても得点できるのが特徴である。パーレットによると、それまでネイブ(Knave)と呼ばれていたカードをジャック(Jack)と呼ぶようになったのはこのゲームに由来するのではないかという[1]

イギリスの伝統的なゲームで、「All Fours」などとも呼ばれる。「セブンアップ」はアメリカでの名前で、ほかに「High-Low-Jack」・「Old Sledge」などとも呼ばれる。ホイストなどが知的なゲームと考えられる一方、セブンアップは下層階級のゲームとみなされてきた[1]アメリカでは19世紀には人気のあるゲームだったが、ポーカーユーカーに押されて衰退した。現在はビッドの要素を加えた「ピッチ」(英語版記事)というゲームが行われている。

カリブ海のいくつかの国、とくにトリニダード・トバゴでも独自の変更を加えて遊ばれている。

ルール[編集]

2人から4人で競技する。4人のときは向かいあう2人どうしがパートナーになることも、それぞれが独立に戦うこともできる。プレイは時計回りに進行する。ディーラーはプレイごとに時計回りに移動する。

通常の52枚のトランプを使用し、ジョーカーは使用しない。

ディールと切り札の決定[編集]

ディーラーは各競技者に6枚の手札を配る。その次の1枚を表に向けて出す。このカードをターンアップと呼ぶ。ターンアップがジャックだった場合は、ディーラーが1点を得る。

ディーラーの左隣が、ターンアップのスートを切り札とするかどうかを宣言する。切り札にするときはスタンド(I stand)と宣言し、しない(パスする)場合はベッグ(I beg)と宣言する。

ベッグしたら、切り札を決める権利はディーラーに移る。ディーラーがターンアップを切り札に決定した場合、ギフトといってディーラーの左隣が1点を得る。ディーラーがターンアップを拒否した場合は、ターンアップは裏返し、さらに各人に手札3枚ずつを配って、その次のカードを表返して新たなターンアップとする。新しいターンアップが最初のターンアップと同じスートだった場合は、異なるスートが出てくるまで、各人に手札3枚ずつを配って、次の1枚を新たなターンアップとすることを繰り返す。

新たなスートのターンアップが出てきた場合、そのターンアップのスートが切り札になる。新たなスートが出る前にカードが尽きた場合、シャッフルして配りなおす。

実際のプレイ[編集]

手札の枚数が7枚以上になった場合、各競技者は不要なカードを捨てて、手札を6枚にする。

最初のトリックはディーラーの左隣がリードする。あとは通常のトリックテイキングゲームと同様に進行する。すなわち、時計回りに順に1枚ずつカードを出していき、切り札が出た場合は切り札スートの最強のカードを出した人が勝つ。そうでない場合はリードと同じスートの最強のカードを出した人が勝つ。勝った人はそのトリックで出たすべてのカードを獲得し、次のトリックをリードする。

ただし、通常のトリックテイキングゲームと異なり、セブンアップでは、切り札をいつ出しても構わない。リードと同じスートのカードがあっても、そのカードを出さずに切り札を出すことができる。

得点[編集]

プレイによる得点は、ハイ・ロー・ジャック・ゲームの4つのカテゴリに分かれる。

  • ハイ - 一番強い切り札が手札にあったものが1点を得る
  • ロー - 一番弱い切り札を獲得したものが1点を得る
  • ジャック - 切り札のジャックを獲得したものが1点を得る
  • ゲーム - 獲得したカードの絵札の評価値を、10=10点・A=4点・K=3点・Q=2点・J=1点として合計し、評価値が高いものが1点を得る

上の4つのカテゴリは重複可能である。すなわち、切り札が1枚しか出なかった場合、その1枚でハイとローの2点が得られる。さらにそれがジャックだったら3点が得られる。

プレイ以外に以下のボーナスがある。

  • ターンアップがジャックの場合、ディーラーが1点を得る
  • ギフト - ディーラーがターンアップを切り札として受け入れた場合、ディーラーの左隣が1点を得る

プレイを繰り返し、7点を先に取ったものが勝ちになる。

脚注[編集]

  1. ^ a b Parlett, David (1992,2004). The A-Z of Card Games. Oxford University Press. p. 4. 

外部リンク[編集]