セビチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白身魚のセビチェ(ペルー)。付け合せはチョクロ(choclo、茹でとうもろこし)とカンチャ(cancha、煎ったとうもろこし)

セビチェcevichecebichesevicheなど:スペイン語発音: [θeˈβitʃe], [seˈβitʃe])とは、ラテンアメリカで食べられる魚介類マリネである。ペルーメキシコなどの名物料理。

小骨を良く取り除いた生のを1-2cm角くらいに切る。これにみじん切りにしたタマネギトマトを加え、レモンをたっぷり絞って混ぜ合わせる。シラントロパセリオレガノなどの香草アヒ・アマリージョなどの唐辛子を好みで加える。オリーブ・オイルを加えることもある。で味を整えて完成となる。

具材には、メロ(マジェランアイナメ)やコルビーナ(Corvinaニベ科の魚)、ペヘレイなどの白身のエビタコイカホタテハマグリなどの貝類が使われる。カマスサワラのような青身魚が使われたり、ウニ、火を通した家禽の肉、ザリガニもつが使われることもある。野菜だけから成るセビチェも存在する。

香辛料としては、地域によってアヒ・アマリージョやアヒ・リモ、チレ・セラーノ、もっと辛いロコトハラペーニョを刻んだものが用いられたり、ニンニクを加えることもある。

ラテンアメリカの中でも主に太平洋に沿った、新鮮な魚介類がとれる地方で広く食べられている。中でもペルーでは国民食とされる。前菜として供されることが多いが、サツマイモキャッサバトウモロコシジャガイモアボカドトストーネスなどを添えて主菜とすることもあり、また、のつまみとしてもよく食べられている。メキシコでは揚げたトルティーヤの上にセビチェを盛ってトスターダとすることもある。

ペルーではセビチェのマリネ液をレチェ・デ・ティグレ(leche de tigre、「トラの乳」)またはレチェ・デ・パンテラ(leche de pantera、「ヒョウの乳」)と呼び、セビチェと共に供することがある。

2008年12月7日、ペルーで伝統料理「セビチェ」を6.8トン調理し、一度に調理されたセビチェの量のギネス世界記録を樹立した。