セバスティアン・ビエラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セバスティアン・ビエラ Football pictogram.svg
名前
カタカナ マリオ・セバスティアン・ビエラ・ガライン
ラテン文字 Sebastian VIERA
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
生年月日 1983年3月7日(31歳)
出身地 フロリダ県, フロリダ
身長 185cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム コロンビアの旗 アトレティコ・ジュニオール
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2005
2005-2009
2010
2011-
ウルグアイの旗 ナシオナル
スペインの旗 ビジャレアル
ギリシャの旗 AEL 1964
コロンビアの旗 A・ジュニオール
58 (0)
75 (0)
20 (0)
12 (0)
代表歴
2004–2009 ウルグアイの旗 ウルグアイ 15 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マリオ・セバスティアン・ビエラ・ガラインMario Sebastián Viera Galaín, 1983年3月7日 - )は、ウルグアイ出身のサッカー選手アトレティコ・ジュニオール所属。ウルグアイ代表であった。ポジションはゴールキーパー。父親のマリオ・ビエラもゴールキーパーとしてプレーするサッカー選手であった。

経歴[編集]

クラブ[編集]

2003年にナシオナル・モンテビデオからデビューした。2005年8月にはイングランド・プレミアリーグアーセナルFCへの移籍すると思われたが、メディカルチェックをパスしなかったことからアーセン・ベンゲル監督は獲得を取りやめた[1]。同8月、ホセ・マヌエル・レイナの後釜を探していたスペイン・リーガ・エスパニョーラビジャレアルCFと4年契約を結んだ[2]。同時期にアルゼンチン人GKマリアーノ・バルボサも加入したが、2005-06シーズンと2006-07シーズンはバルボサとポジションを争い、より多くの試合に出場している。2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは準決勝まで勝ち進んだが、アーセナルFC戦には2戦とも出場を逃した。2007-08シーズンもレギュラーとしてシーズン開幕を迎えたが、2007-08シーズン中盤に新加入のディエゴ・ロペスにポジションを明け渡した。2008-09シーズンはリーグ戦の出場機会がゼロとなり、2009年7月に契約満了により退団するまでにポジションを奪い返すことはできなかった。

2009年11月11日、ギリシャ・スーパーリーグAEL 1964と1年半契約を交わし[3]、2010年1月にデビューした。2010年後半に契約を解除し[4]、そのすぐ後にコロンビアのアトレティコ・ジュニオールと契約した。

代表[編集]

ウルグアイ代表としての出場機会がないながらもコパ・アメリカ2004の出場メンバーに選ばれ、準々決勝のパラグアイ戦で代表デビューを果たした。準決勝のブラジル戦にも出場し、ブラジルに敗れたものの3位入賞に貢献した。コパ・アメリカ2004ではキャップを被って試合に臨んだところ、調子が良かったため、験を担いでクラブの試合でもキャップをかぶるようになった。2005-06シーズンのリーグ戦で調子を落としたため、それからはキャップを被っていない。2005年の夏頃まではウルグアイ代表の正GKであったが、2009年6月のブラジル戦で4失点を喫し、以降メンバーから外れることが増え、2010 FIFAワールドカップの予備登録26人からも外れた。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Henry talks to start soon Sky Sports、2010年1月1日
  2. ^ UEFA.com (2005年8月29日). “ビジャ、ビエラ獲得で補強終了”. 2009年7月11日閲覧。
  3. ^ Στα βυσσινί ο Βιέρα AEL1964公式サイト、2010年1月1日
  4. ^ Πήρε... πόδι ο Βιέρα Sport Dog、2010年12月29日

外部リンク[編集]