セトメトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CETMETON (FR 8)
FR8-01.jpg
種類 軍用小銃
原開発国 スペインの旗 スペイン
運用史
配備期間 1950年代 - 1970年代
開発史
製造業者 ファブリカ・デ・アルマス・ラ・コルナ(Fabrica de Armas La Coruña、改造)
派生型 FR 7, FR 8
諸元
重量 約3,700グラム (8.2 lb)
全長 960ミリメートル (38 in)
銃身 470ミリメートル (19 in)

弾丸 7.62x51mm NATO弾[1] [2]
作動方式 ボルトアクション方式
装填方式 5発内蔵型弾倉

セトメトンスペイン語: CETMETÓN)は、1950年代にスペインで開発されたボルトアクション式小銃。FR7及びFR8の二種類が開発された。セトメトンとは、セトメ英語版(CETME)と騎銃兵(mosquetón)の合成語であり、FRはスペイン語で「改造型小銃」を意味するFusil Reformadoの略[3]。FR7はスペイン式M93モーゼルボルトシステムを有し、またFR8はモーゼルM98ボルトシステムを有する。短銃身を備える軽量な小銃だが、強力な7.62x51mm NATO弾を使用する為に発砲時の反動と発砲炎は大きい。1960年に国内の軍需産業を統合してサンタ・バルバラ国営会社(後のサンタ・バルバラ・システマス英語版)が設立されたため、サンタ・バルバラ小銃、サンタバーバラライフル等の呼び方をされることもある。

歴史[編集]

1950年代当時、スペイン軍では既に新型突撃銃セトメ・ライフルが採用されていたが、全ての部隊にこれを行き渡らせ、また配備に向けた訓練を行う為に十分な数の調達は達成されていなかった。FR7およびFR8はこの不足を補う為の小銃として設計され、スペイン軍が保有する旧式のモーゼル式小銃を改造する形で生産された。FR7は当初M1916短小銃をベースに製造されていたが、後にはM1893小銃も同等の改造を受けてFR7として出荷された。FR7を含むこれら3種の小銃のボルトアクションシステムは、レシーバのリング径が後継のM98ボルトシステムよりも.100インチ小さい為にしばしばスモールリングモーゼル("small ring" Mausers)と呼ばれる。それぞれのリング径は前者が1.410インチ、後者が1.300インチである[4]。またFR8はM98ボルトシステムを有するM1943小銃を原型としている。FR7とFR8はいずれも7.62x51mm NATO弾を装填できるように機関部や銃身に改造が加えられている。FR8は1970年代にシエラネバダ山脈に展開したグアルディア・シビルの部隊で広く使用された。

設計[編集]

消炎器はNATO標準の小銃擲弾が装填できるように設計されている。銃身下のガスチューブのような管は、着剣装置を兼ねたクリーニングロッドの収納スペースである。照門は上下稼働式のピープサイトで、照準距離を200m、300m、400mの3段階に調整できるほか、照門を下げ切れば照準距離100mのVノッチオープンサイトとして使用する事もできる。照星は専用工具を用いて上下調整を行える。その他の操作は原型となったモーゼル小銃に準ずる。

画像[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Olson, Ludwig (2002). Mauser Bolt Rifles. Brownell & Son. p. 197. 
  2. ^ Ezell, Edward (1983). Small Arms of The World. Stackpole Books. p. 655. ISBN 0-8117-1687-2. 
  3. ^ Olson, Ludwig (2002). Mauser Bolt Rifles. Brownell & Son. p. 197. 
  4. ^ Kuhnhausen, Jerry (1991). The Mauser Bolt Actions- M91 Through M98. Heritage Gun Books. p. 214. 

出典[編集]