セサル・サンチェス・ドミンゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セサル・サンチェス Football pictogram.svg
Cesar Sanchez VCF.jpg
名前
ラテン文字 César Sánchez
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1971年9月2日(43歳)
出身地 Cáceres - Escudo.svg カセレス
身長 185cm
体重 85kg
選手情報
ポジション GK
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991-2000
2000-2005
2005-2008
2008-2009.1
2009.1-2011
2011-2012
スペインの旗 バリャドリード
スペインの旗 R・マドリード
スペインの旗 サラゴサ
イングランドの旗 トッテナム
スペインの旗 バレンシア
スペインの旗 ビジャレアル
206 (0)
20 (0)
110 (0)
0 (0)
63 (0)
2 (0)
代表歴
2000 スペインの旗 スペイン 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年10月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セサル・サンチェス・ドミンゲスCésar Sánchez Domínguez, 1971年9月2日 - )は、スペインエストレマドゥーラ州カセレス出身の元サッカー選手。元スペイン代表である。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

バリャドリード[編集]

エストレマドゥーラ州カセレス県カセレスに生まれたが、レアル・バリャドリードの下部組織で育った。1991-92シーズンのFCバルセロナ戦でトップチームデビューし、その試合で6-0の完封勝利を飾った。その後レギュラーに定着し、1995年から2000年までの間のリーグ戦では4試合しか欠場していない。1999-2000シーズンはFW城彰二と一緒にプレーした。

レアル・マドリード[編集]

2000年7月1日アルバノ・ビサーリと入れ替わりでレアル・マドリードに移籍した。元ドイツ代表ボド・イルクナーから定位置を奪った若き日のイケル・カシージャスとポジションを争い、2001-02シーズン終盤にはレギュラーに定着。UEFAチャンピオンズリーグでは5試合に先発出場し、決勝のバイエル・レバークーゼン戦でもスターティングイレブンに名を連ねたが、後半途中に負傷してカシージャスと交代。ファインセーブを連発したカシージャスは一躍ヒーローとなった。その後行われた日韓W杯でもサンティアゴ・カニサレスの負傷により出番を得たカシージャスが大活躍。それ以降カシージャスがレギュラーに定着し、セサルの出場機会は激減した。

サラゴサ[編集]

2005年7月1日レアル・サラゴサに移籍し[1]、3シーズンに渡ってレギュラーとしてプレーした。2006-07シーズンは6位に躍進したものの、2007-08シーズンのサラゴサは下位に低迷して、セグンダ・ディビシオン(2部)降格が決定し、2008年夏に就任したマルセリーノ・ガルシア・トラル監督はセサルをBチームに降格させた。

トッテナム[編集]

2008年8月12日、同胞のファンデ・ラモス監督が率いるイングランドのトッテナム・ホットスパーFCに移籍し[2]オランダPSVから同じく新加入のゴメスの控えとして期待された。11月11日カーリングカップリヴァプールFC戦で最初にして唯一の出場機会が訪れた。試合中にゴメスが負傷すると、急遽交代してプレーして4-2の勝利を飾った[3]

バレンシア[編集]

2009年1月20日、フリートランスファーでバレンシアCFと半年間の契約を結んだ[4][5]。バレンシアは2008年末にティモ・ヒルデブラントが退団し、さらに1月19日アスレティック・ビルバオ戦(2-3)にてレナンを負傷交代で失っており、代替選手の獲得を急務としていた。1月21日カーリングカップバーンリーFC戦ではトッテナムの招集メンバーに入ったが、1月23日にトッテナムは双方合意の上でセサルと契約解除することを発表した[6]2月1日UDアルメリア戦でデビューし、レナンが怪我から復帰してもレギュラーの座を守り続けた。2008-09シーズン後半戦に印象的な活躍を見せたため、シーズン終了後に契約を1年間延長した[7]7月1日RCDマジョルカからミゲル・アンヘル・モジャが加入。開幕スタメンはモジャに譲り序盤は控えという位置づけだったが、モジャが不安定なプレーを連発したために再びレギュラーとなった。この年はリーグ戦30試合に出場。ラシン・サンタンデール戦(1-0)、FCバルセロナ戦(0-0)、UDアルメリア戦(3-0)、マラガCF戦(1-0)と4試合連続完封を記録し、3位でのUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献したため、シーズン終了後に再び契約を1年間延長した。2011年4月2日、39歳212日でヘタフェCF戦(4-2)に出場し、リーガ・エスパニョーラのゴールキーパーとしての最年長出場記録を更新した[8]。2010-11シーズンはリーグ戦15試合に出場したが、終盤は故障もあってレクレアティーボ・ウェルバへのレンタルで経験を積んで復帰した生え抜きのビセンテ・グアイタにレギュラーの座を奪われた。6月4日にはUDアルメリアからジエゴ・アウヴェスが加入し、さらにグアイタとの契約を延長したため、セサルは余剰戦力となった。

ビジャレアル[編集]

2011年6月2日、バレンシアと同じバレンシア州のクラブであるビジャレアルCFと1年契約を結んだ[9][10]。正GKディエゴ・ロペス・ロドリゲスの控えとして位置づけられていたが、9月10日に行われた第3節のセビージャFC戦でロペスが退場処分を受けたため途中出場し、これがビジャレアルでのデビュー戦となった。ただ、第4節のグラナダCF戦に出場して以降は出場機会がなくチームも低迷し最終節のアトレティコ・マドリード戦に敗れて18位に終わり、降格が決定。シーズン終了後に現役引退を表明した。

代表[編集]

2000年8月16日ハノーファーで行われたドイツとの親善試合(4-1)でスペイン代表デビューした。それ以来は代表での出場はない。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ César switches to Zaragoza UEFA.com、2005年6月13日
  2. ^ Sánchez signs”. Tottenham Hotspur (2008年8月12日). 2011年6月14日閲覧。
  3. ^ Tottenham 4-2 Liverpool”. BBC Sport (2008年11月11日). 2011年6月14日閲覧。
  4. ^ César es el elegido (César is the chosen one) Levante EMV、2009年1月21日 (スペイン語)
  5. ^ バレンシア、レナンの代役にセサールを獲得”. UEFA.com (2009年1月23日). 2009年7月13日閲覧。
  6. ^ Sanchez departs”. Tottenham Hotspur (2009年1月23日). 2011年6月14日閲覧。
  7. ^ César renueva con el Valencia Marca、2009年6月24日 (スペイン語)
  8. ^ “César, el portero más veterano de la Liga”. Super Deporte. (2011年4月2日). http://www.superdeporte.es/valencia/2011/04/02/cesar-portero-veterano-liga/124065.html 2011年6月6日閲覧。 
  9. ^ “Cesar Sanchez joins Villarreal”. Goal.com. (2011年6月2日). http://www.goal.com/en/news/12/spain/2011/06/02/2514935/cesar-sanchez-joins-villarreal-report 2011年6月4日閲覧。 
  10. ^ “ビジャレアル、セサル獲得を発表”. Goal.com. (2011年6月10日). http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2011/06/10/2525444/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%83%AB%E7%8D%B2%E5%BE%97%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8 2011年6月14日閲覧。 

外部リンク[編集]