セグロチョウチョウウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セグロチョウウオ
Chaetodon ephippium.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: チョウチョウウオ科
Chaetodontidae
: チョウチョウウオ属 Chaetodon
: セグロチョウウオ
C. ephippium
学名
Chaetodon ephippium
Cuvier, 1831
和名
セグロチョウウオ
英名
Saddle butterflyfish

セグロチョウチョウウオ(学名:Chaetodon ephippium)は、スズキ目チョウチョウウオ科に分類される魚類の一種。背中に大きな暗色部をもつ種。種小名はギリシャ語で「馬の」を意味する言葉だが、背の黒色部をたとえたもの。また、観賞魚として有名である。

形態[編集]

  • 全長約20cm。大型になる。
  • 和名のとおり、背部に大きな黒斑がある。
  • 背びれ後方の上部が糸状に伸びる。
  • 口が目の前方でくぼむ。(他種に比べ比較的長い口をもつ。)
  • 幼魚は目を通る黒色横帯と、尾柄に黒斑がある。(成魚ではなくなる。)
  • 成魚は尾柄に赤い帯がある。背びれ後方の縁が赤い。
  • 体色は白っぽい淡い緑の地に鼻から腹にかけて黄色、エラの後方から、体側の下のほうに濃いブルーのラインが7本ほど平行に通る。このラインは幼魚の時は薄い。
良く似た種

大変似ている種としてサントスバタフライフィッシュがいる。

見分け方としては、この種は背びれ後方上部は糸状に伸びない、背中の黒色部も面積がずっと小さくいろもこげ茶色、尻ビレも同じ面積のこげ茶色の黒色部がある。また、全体的にこちらは白い。鼻から腹、尻びれ、背びれ、頭の上部にかけて濃い黄色に縁取られている。生態上、本種と近い性格であるが、この種はインド洋のみ生息しているので日本国内ではめったに間違えることはない。

生態[編集]

サンゴ礁や岩礁に生息し、サンゴのポリプ、底生小動物、海藻と、何でも食べる。背中に大きな暗色部をもつ。夜になると、体が茶褐色になり、黒色部を縁取る白色帯が目立つ。日本では沖縄などの琉球列島でみられる。本州では珍しく見られた記録が少なく、あまり本州まで流れ着くことはない。

分布[編集]

中・西部太平洋~インド洋に生息。かなり広い範囲で生息している。わが国日本ではおもに、沖縄や小笠原など南のほうで観察される。海外では、台湾、東南アジア、ハワイ、インド洋全域などでみられる。

前記につづったようにインド洋には良く似た「サントスバタフライフィッシュ」がいるので、この場合は注意して見分けてほしい。

人とのかかわり[編集]

観賞魚として飼育され、水族館でもよく目にする。入荷される量は少ないため若干価格が高めに設定されるが、数が少ないわけではない。性格はややおとなしめで気の強い魚とは一緒にしないほうが無難。タンクメイトには十分注意をはらいたい。

関連項目[編集]