セクバ・コナテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セクバ・コナテ
Sékouba Konaté

任期 2009年12月3日2010年12月21日
首相 カビネ・コマラ英語版
ジャン・マリー・ドレ英語版

出生 1964年6月6日(50歳)
ギニアの旗 ギニアコナクリ
政党 民主主義と発展のための国民評議会英語版

セクバ・コナテフランス語: Sékouba Konaté1964年6月6日 - )は、ギニア共和国軍人政治家。階級は准将2009年12月3日より、銃撃されたムサ・ダディス・カマラ大尉に代わって約1年間、暫定大統領を務めた。現在はアフリカ連合のアフリカ待機軍上級代表を務めている。

経歴[編集]

1964年、コナクリに生まれた。モロッコメクネスにあるモロッコ王立士官学校を卒業後、1990年にギニア軍に入隊。空挺兵として2000年から2001年の間に多くの武勲を挙げ、虎(El Tigre)と呼ばれて人望を集めた。2008年12月に当時のランサナ・コンテ大統領が死亡し、ムサ・ダディス・カマラがクーデターを起こして政権を握ると、コナテは軍事政権の副大統領及び国防大臣に就任した。

2009年12月3日、カマラが副官のアブバカール・ディアキテに銃撃されて執務が不能になると、コナテは直ちに議会によってギニアの暫定大統領に選出された。2010年1月6日、コナテは臨時国家連合政府を樹立するため、野党勢力からの首相の受け入れを決めたと発表した。

カマラより引き継いだ大統領選挙は2010年6月27日に投開票を実施し、度重なる延期の末、11月7日に決選投票が行われ、同年12月21日に暫定大統領を退任した。

公職
先代:
ムサ・ダディス・カマラ
ギニアの旗 ギニア共和国大統領
(暫定)2009年 - 2010年
次代:
アルファ・コンデ