セイヨウヒイラギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セイヨウヒイラギ
Strauch mit roten Beeren.JPG
セイヨウヒイラギ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: ニシキギ目 Celastrales
: モチノキ科 Aquifoliaceae
: モチノキ属 Ilex
: セイヨウヒイラギ I. aquifolium
学名
Ilex aquifolium L.
和名
セイヨウヒイラギ
英名
European holly, English holly

セイヨウヒイラギ(西洋柊、学名:Ilex aquifolium)は園芸用に栽培されるモチノキ科モチノキ属常緑小高木 。別名、セイヨウヒイラギモチ

特徴[編集]

ヨーロッパ西部・南部、アフリカ北西部、アジア南西部の原産。は長さ5-12cm、幅2-6cmで、若いや下の枝では葉の縁が数箇所鋭く尖るが、古い枝や上の枝ではの数が少なく、葉先のみ尖るが、縁はしばしば全縁となる。葉は互生する。雌雄異株虫媒花、小型で花弁は白く4枚ある。果実は径6-10mmの核果で赤く熟し、4個の種子を含む。晩秋に熟すが、非常に苦いので、冬の間もに食べられることは少ない。

になる赤い実が美しく、クリスマスの装飾の定番としても使われる。英語名からホーリー(Holly)とも呼ばれるが、Hollyはモチノキ属の総称としても使われるので、区別するためにEuropean holly、English hollyともいう。

歴史[編集]

常緑で真冬に目立つ赤い実をつけることから、ヨーロッパではキリスト教以前にもドルイドにより聖木とされた。また古代ローマではサトゥルヌスの木とされ、サートゥルナーリア祭(農神祭)で、知り合いへの贈り物と一緒にセイヨウヒイラギの枝を添え渡していたものを、その直後に当たる12月25日の冬至祭でキリスト教徒がまねたため、後にクリスマスにつきものの装飾となったといわれる。キリスト教では、キリストの足元から初めて生えた植物とされる。また、トゲトゲの葉や赤い実はキリストの流した血と苦悩を表す。そこから別名「キリストの刺」「聖なる木」とも呼ばれる。さらに花はミルクのように白いためキリストの生誕と結びつき、樹皮は苦いのでキリストの受難を表すとされる。 また、セイヨウヒイラギは魔力があると信じられていて、キリスト教にもそのことが取り入れられ、同じく魔力を持つと信じられていたアイビーとともにクリスマスの飾り付けに用いられる。悪魔妖精がクリスマスの期間に悪いことをしないようにと、民家、店、教会、墓地などに飾り付けられたといわれる。[1]

利用[編集]

セイヨウヒイラギ、またはそれを象った造花はクリスマスの装飾に使われる。園芸用にも人気があり、黄色い実やとげのない葉など、多数の園芸品種が育成されている。ヨーロッパ以外でも、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで栽培されたものが野生化している。

また、材は白く堅いので、細工物、特にチェスの白駒(黒駒は黒檀など)に使われる。

類似種にはアメリカ原産のアメリカヒイラギモチ(アメリカヒイラギ、I. opaca)、中国原産のヒイラギモチ(シナヒイラギ、ヤバネヒイラギモチ、I. cornuta)があり、これらも園芸・装飾用に用いられる。日本では特にヒイラギモチを用いることが多い。

また、魔除けの植物は薬用にも優れていると考えられていて、ローマの博物学者プリニウスは、葉に塩を混ぜると関節炎に効き、赤い実はコレラ、赤痢、腸の病気に、また、血管組織を収縮させる収斂剤になるとした。

ヒイラギとの違い[編集]

日本に在来のヒイラギは刺の出た葉の形がよく似ているので混同されやすいが、モクセイ科モクセイ属に属する種で、葉は対生し、実が黒紫色に熟す、全く別の植物である。

脚注[編集]

  1. ^ ハーブの事典 北野佐和子 2005年東京堂出版