セイヨウタンポポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セイヨウタンポポ
Taraxacum officinale
Taraxacum officinale
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: タンポポ属 Taraxacum
: セイヨウタンポポ T. officinale
学名
Taraxacum officinale
Weber ex F.H.Wigg. (1780)
和名
西洋蒲公英
英名
dandelion
亜種
  • T. o. subsp. ceratophorum
  • T. o. subsp. officinale
  • T. o. subsp. vulgare

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英、学名 Taraxacum officinale)は、キク科タンポポ属多年草である。ヨーロッパ原産の帰化植物環境省指定要注意外来生物日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。日本在来種とは外側の総苞の反る点が異なる。

分布[編集]

ヨーロッパ原産。北アメリカ南アメリカ南アフリカオーストラリアニュージーランドインド日本外来種として 移入分布する。

形態[編集]

あまり季節を問わず、黄色い舌状花を長い期間にわたって咲かせる。のように見える部分(総苞片)が開花時に反り返ることで、花に沿って固く閉じる在来種とは区別できる[1]。ただし、在来種も花の盛りを過ぎると総苞が反り返るので注意を要する。葉は鋸歯状や羽状に深裂するが、変化が大きい[2]。生育型は、ロゼット型となる。

生態[編集]

葉や茎を切ると白いゴム質の乳液が分泌され、これによって虫に食べられるのを防いでいる[3]アレロパシー作用をもつといわれている[2]

根茎による繁殖力が強く、どの部分の切片からも出芽する。セイヨウタンポポには有性生殖を行う2倍体と無融合生殖を行う3倍体があり、日本に定着したセイヨウタンポポは3倍体で、単為生殖種子をつける。つまり、花粉に関係なく、種子が単独で熟してしまう。そのため繁殖力が強く、都市部を中心として日本各地に広まり、特に近年の攪乱が多い地域を中心に分布を広げた。現在ではほぼ日本全国に広がっているが、古くからの田園風景の残る地域では在来種のタンポポが勢力を持っている。そのため、都市化の指標生物になるといわれている[4]

分類[編集]

ヨーロッパのタンポポの分類には諸説あり、タンポポ属だけでも種数は400種とも2000種ともいわれている[2]。日本に侵入・定着している外来種タンポポは、セイヨウタンポポ以外にアカミタンポポTaraxacum laevigatum)が知られている[1]。しかし、これらセイヨウタンポポやアカミタンポポについてはヨーロッパでは多数の種を含む節レベルの分類群として扱われており、としては考えられていない[2]

また、最近になって日本では、セイヨウタンポポを含む外来タンポポと在来タンポポの雑種が発見され、新たな問題として注目されている。セイヨウタンポポは無融合生殖と呼ばれる単為発生であり、不完全な花粉しか作らないので雑種の形成はあり得ないと考えられていた[5]。ところがセイヨウタンポポの作る花粉の中に、nや2nの染色体数のものができると、在来種のタンポポがそれと受粉して雑種ができる可能性があり、現にそれがあちこちに生育していることが確認された[5]。日本のセイヨウタンポポの8割以上は在来タンポポとの雑種との報告がある[6]。このような雑種では、総苞は中途半端に反り返るともいわれ、その区別は簡単ではない。雑種は反曲した総苞片の先端にこぶ状の突起があり、また総苞片の縁の毛も多い傾向があるといわれている[2]。近年は在来タンポポのように総苞が反り返らないニセカントウタンポポTaraxacum sp.)と呼ばれるタンポポが関東地方を中心に確認され、雑種もしくは別系統の外来タンポポとする見解がある[1]

こうした分類の混乱や交雑の問題から、正確な種の実態はまだよくわかっておらず、これまでセイヨウタンポポとされていたものでも実際は複数の種が含まれている可能性が高い[4]。そのため、近年は外来タンポポ群Taraxacum spp.)としてひとくくりに扱われることが多い[1]

外来種問題[編集]

日本では1904年に北アメリカから北海道札幌市に導入され、全国に広がった(札幌農学校のアメリカ人教師W.P.Brooksが野菜として持ち込んだという説がある)[7]

当初は外来タンポポが日本の在来タンポポを駆逐していると考えられていたが、多くの場合、外来タンポポと在来タンポポは住み分けていることがわかった[4]。二次林では在来タンポポの割合が多く、造成地や市街地では雑種タンポポ(特に4倍体雑種)がほとんどを占めるという分布傾向がある[6]。しかし、自然度の高い場所に外来タンポポが侵入した場合、在来のタンポポ類と競合・駆逐することが危惧され、北海道礼文島島根県隠岐諸島長野県上高地では駆除が行われている[2]

現在の日本に定着しているセイヨウタンポポを含む3倍体の外来タンポポは在来タンポポとの間に交雑が発生しても遺伝子汚染にはならない[4]。一方で、2倍体の外来タンポポが侵入した場合、同じく2倍体の在来タンポポと遺伝子汚染を引き起こす可能性がある[4]

人間との関わり[編集]

古くからヨーロッパ中東では食用に供されており、多少の苦味があるがサラダなどにする。また、根を乾燥させて炒ったものがコーヒーの代用品(たんぽぽコーヒー)として知られており、食欲増進や肝機能向上に効果があるとされる。アメリカ合衆国の一部では、花弁を自家製醸造酒(タンポポワイン)の原料として用いる。薬草としては、利尿貧血黄疸神経症血液の浄化に効果があるとされる。乳液は虫よけ民間療法の疣取りに用いられる。花からは黄色や緑色の染料がとれる。

メンデルの実験[編集]

遺伝の法則の発見で有名なグレゴール・ヨハン・メンデルエンドウ豆を材料に遺伝法則を発見したが、彼がその次に選んだ材料はセイヨウタンポポだったという。ところが、タンポポでは両親の形質に関係なく、種子を作る側の形質が発現するため、大いに悩んだと言われる。単為発生では当然ではあるが、花粉による受粉の意味すら完全にはわかっていなかった当時は、その仕組みについて明らかにされていなかった。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 岩槻秀明 『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』 秀和システム、2006年11月5日ISBN 4-7980-1485-0
  2. ^ a b c d e f 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社、2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7
  3. ^ 北嶋廣敏 『緑の雑学事典』 グラフ社、2009年3月5日ISBN 978-4-7662-1223-5
  4. ^ a b c d e 村上興正・鷲谷いづみ(監修) 日本生態学会(編著) 『外来種ハンドブック』 地人書館、2002年9月30日ISBN 4-8052-0706-X
  5. ^ a b 種生物学会 『外来生物の生態学 進化する脅威とその対策』 文一総合出版、2010年3月31日ISBN 978-4-8299-1080-1
  6. ^ a b 山野美鈴、芝池博幸、井手任「茨城県つくば市における在来タンポポ及び雑種タンポポの分布と景観構造の関連解析」、『ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌』第67巻第5号、日本造園学会、2004年3月31日、 587-590頁、 doi:10.5632/jila.67.587NAID 110004308157
  7. ^ 北海道ブルーリスト A2 セイヨウタンポポ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]