セイヨウスノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セイヨウスノキ
203 Vaccinum myrtillus L.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: スノキ属 Vaccinium
: セイヨウスノキ V. myrtillus
学名
Vaccinium myrtillus L.

セイヨウスノキ(西洋酸の木、学名: Vaccinium myrtillus)は、青色の食用果実を付ける低木の一の一つである。一般的にビルベリーハイデルベリーワートルベリーと呼ばれる[1]ブルーベリーVaccinium cyanococcus)と多くの共通点を持つ。その他のスノキ属の近縁種と区別するために、英語ではCommon BilberryあるいはBlue Whortleberryとも呼ばれる。

スノキ属の模式種である。

種小名のmyrtillusは、果実および葉がギンバイカ(myrtle)のものと似ていることに由来する[2]

分布[編集]

セイヨウスノキはヨーロッパ(スウェーデンノルウェーデンマークフィンランドフェノスカンジアスコットランドアイルランドポーランドイタリアフランスドイツウクライナロシア)、北アジア、グリーンランド、カナダ西部、アメリカ合衆国西部に自生している[3]。野生では、ヒースの生えた原野や酸性土壌に生育している。セイヨウスノキのベリー旧世界において長い間食べられてきた[4]。セイヨウスノキは北米のブルーベリーの野生起源種の一つである。

特徴[編集]

樹高は低く、20~40センチメートル。

実は果皮果肉とも青紫色。

同属他種と比べてもアントシアニンの量が多い。俗に「眼精疲労や近視によい」などといわれているが、ヒトでの有効性については信頼できるデータが見当たらない[5]。アントシアニン自体の人への有効性は実証されていない。

歴史的に、果実や葉の抽出物(茶)が下痢壊血病などの治療に用いられてきた[6]。今日では、果実は下痢、生理痛、眼疾患、静脈瘤、静脈不全、その他の循環障害の治療のために、葉は糖尿病を含む全く異なる症状の治療のために用いられている[6]。しかしながら、いかなる症状に対するビルベリーの効果を支持する科学的な証拠は不十分である[6]

ビルベリーの葉は経口で大量に摂取した場合、危険性が示唆されているため避けるべきである、とされている[5]

用途[編集]

果実[編集]

ビルベリー類(画像)およびアメリカンブルーベリー類はほとんど同一であり、同じ目的のために使用されている。

セイヨウスノキは1000年近く伝統的なヨーロッパ医学において使用されてきた。市販されているセイヨウスノキ(ビルベリー)のハーブ系サプリメントは循環障害、視力の補助、下痢およびその他の症状を治療するために用いられている[1][7]

料理では、ビルベリーの果実はアメリカン・ブルーベリーと同じ目的(パイ、ケーキ、ジャム、マフィン、クッキー、ソース、シロップ、ジュース、キャンディー等)のために一般的に使用されている[1][8]。ビルベリー類のほうがより香り豊かで、風味やビタミン含量もより高いため、特に止めシロップやビルベリーワインを作るのに適している[4]

[編集]

伝統的な医学では、ビルベリーの葉は糖尿病を含む種々の症状に対して用いられている[1]アメリカ国立衛生研究所 (NIH) は、ビルベリーについて「糖尿病あるいは高血圧の人の眼の網膜に関する問題に対してもしかすると有効 (possibly effective)」であると評価している[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Bilberry”. アメリカ国立補完代替医療センター (NCCAM) (2010年7月). 2012年2月22日閲覧。
  2. ^ What does Vaccinium myrtillus mean?”. www.mirtoselect.info. 2012年7月25日閲覧。
  3. ^ USDA PLANTS. “PLANTS Profile for Vaccinium myrtillus (whortleberry)”. 2012年7月24日閲覧。
  4. ^ a b guidehelth.com. “Bilberry”. 2012年7月24日閲覧。
  5. ^ a b ビルベリー - 「健康食品」の安全性・有効性情報”. 国立健康・栄養研究所. 2012年2月22日閲覧。
  6. ^ a b c Bilberry”. アメリカ国立補完代替医療センター (NCCAM) (2010年7月). 2012年2月22日閲覧。
  7. ^ Vaccinium myrtillus”. HerbMed. 2012年7月24日閲覧。
  8. ^ Sye (2011年7月1日). “Bilberry Wine”. HOME BREW FORUM. 2012年7月24日閲覧。
  9. ^ Bilberry”. MedlinePlus Supplements (2012年1月14日). 2012年7月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]