セイヨウキンシバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セイヨウキンシバイ
セイヨウキンシバイ
セイヨウキンシバイ 花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツバキ目 Theales
: オトギリソウ科 Clusiaceae
: オトギリソウ属 Hypericum
: セイヨウキンシバイ H. calycinum
学名
Hypericum calycinum
L
和名
セイヨウキンシバイ
英名
Rose of Sharon

セイヨウキンシバイ(西洋金糸梅)とはオトギリソウ科の植物の一種。学名Hypericum calycinum。別名ヒメキンシバイ(姫金糸梅)。学名のカタカナ表記のヒペリカム・カリシナムで呼ばれることが多い。

小アジア原産の常緑小低木で枝は垂れ、地下茎を伸ばして繁殖していく。花期は6~7月頃で黄色の花を咲かせる。本種は名前がセイヨウキンシバイまたはヒメキンシバイであるので、花が同属植物のキンシバイに似ていそうであるが、あまり似ていない。それより同属のビヨウヤナギの方が本種と花がよく似ている。グランドカバーとして栽培されることが多い。