セイェ・ゼルボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セイェ・ゼルボSaye Zerbo1932年8月27日–)は、オートボルタ(現ブルキナファソ)の軍人、政治家。国家元首(1980年-1982年)。

生涯[編集]

植民地宗主国であるフランス軍に参加し、サン・シール陸軍士官学校などで学んだ。第一次インドシナ戦争アルジェリア独立戦争での戦闘に参加した。

オートボルタが1960年独立すると、国軍に参加。1974年から1976年まで、サンゴール・ラミザナ軍事政権の外相を務めた。1980年11月25日、ゼルボ大佐は無血クーデタによりラミザナ政権を打倒し、「国家再建軍事委員会(CMRPN)」を結成した。ゼルボはCMRPN議長・国家元首・首相に就任して全権を掌握。

ゼルボ政権は強権政治を行い、政党の抑圧、労働組合ストライキ禁止を実施した。労組側は1982年4月にゼネストで対抗し、経済の混乱に拍車をかけた。1982年11月7日ジャン=バプティスト・ウエドラオゴ少佐率いる下士官グループがクーデタでゼルボ政権を打倒し、ゼルボらCMRPN委員は逮捕された。クーデタは軍の派閥抗争・経済の低迷が原因であり、ゼルボらは失脚した。

1984年トーマス・サンカラ政権下で政治腐敗等の罪状により起訴され、翌年まで投獄。サンカラを打倒したブレーズ・コンパオレ政権下では重用された。