セアカリスザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セアカリスザル
Central American Squirrel Monkey.jpg
セアカリスザル Saimiri oerstedii
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg ワシントン条約附属書I


S. s. oerstedii

ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg

S. s. oerstedii

CRITICALLY ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目 Primate
亜目 : 真猿亜目 Haplorhini
下目 : 広鼻下目 Platyrrhini
: オマキザル科 Cebidae
亜科 : リスザル亜科 Saimiriinae
: リスザル属 Saimiri
: セアカリスザル S. oerstedi
学名
Saimiri oerstedii
(Reinhardt, 1872)
和名
セアカリスザル
英名
Central American squirrel monkey

セアカリスザルSaimiri oerstedii)は、動物界脊索動物門哺乳綱サル目(霊長目)オマキザル科リスザル属に分類されるサル。

分布[編集]

リスザル属では最も北に分布する。

コスタリカパナマ

形態[編集]

体長25-35cm。体重0.7-1.2kg。背面は赤褐色の体毛で覆われる。四肢の基部と尾の背面は黒ずむ。頭部や鼻、尾の先端は黒い。顔と喉から胸にかけての体毛は白い。眼の周囲はピンク色の皮膚が露出する。

分類[編集]

  • Saimiri oerstedii oerstedii (Reinhardt, 1872)
  • Saimiri oerstedii citrinellus Thomas, 1904

生態[編集]

森林に生息する。25-40頭からなる群れを形成するが、繁殖期以外は雌雄で別々に群れを形成し生活することが多い。昼行性

食性は雑食で、昆虫類果実等を食べる。

繁殖形態は胎生。主に3-4月に1回に1頭の幼獣を産む。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊や、実験動物用やペット用の乱獲等により生息数は激減している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2001年、22-23、153頁。

外部リンク[編集]