セアカヒメミフウズラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セアカヒメミフウズラ
保全状況評価
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: ミフウズラ科 Turnicidae
: ミフウズラ属 Turnix
: セアカヒメミフウズラ
T. castanota 
学名
Turnix castanota (Gould, 1840)
和名
セアカヒメミフウズラ
英名
Chestnut-backed buttonquail

セアカヒメミフウズラTurnix castanota)は、動物界脊索動物門鳥綱ツル目ミフウズラ科ミフウズラ属に分類される鳥類。別名セアカミフウズラ

分布[編集]

オーストラリア北部固有種[1][2]

形態[編集]

全長15-20cm。[1][2]上面は褐色、腰は赤褐色の羽毛で被われる。[1][2]額や顔には白や黒の細かい斑紋が入る。[2]体側面や体下面は灰色の羽毛で被われ、胸部に白い斑紋が入る。[1][2]

虹彩は淡青色。[2]嘴は属内では太い。[1][2]嘴の色彩は暗い灰青色。[2]後肢の色彩は黄色。[2]

分類[編集]

属内でも特にマダラミフウズラムナゲミフウズラと近縁と考えられている。[1][2]ムナゲミフウズラを本種の亜種とする説もある。[2]

生態[編集]

標高500m以下にある灌木が点在し草本の丈が短い乾燥した草原などに生息する。[1][2]

食性は雑食で、種子イネ科)、昆虫甲虫アリ)などを食べる。[1][2]

繁殖形態は卵生。水辺にある植物の根元に植物を敷いた巣を作り、1回に3-4個の卵を産む。[1][2]主にオスが抱卵し、抱卵期間は14-15日。[1][2]

人間との関係[編集]

放牧や野火による生息地の破壊などにより生息数は減少している。[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ7 オーストラリア、ニューギニア』、講談社、2000年、173頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』、東京動物園協会、1989年、22-23、158頁。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「セアカヒメミフウズラ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類