ズデネク・コパル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ズデネク・コパル
(Zdeněk Kopal)
人物情報
生誕 1914年4月4日
チェコの旗 チェコ ボヘミアリトミシェル
死没 1993年6月23日(満79歳没)
国籍 チェコの旗 チェコ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
学問
研究分野 天文学
研究機関 ケンブリッジ大学
ハーバード大学天文台
マサチューセッツ工科大学
マンチェスター大学
主な業績 連星における質量移動
テンプレートを表示

ズデネク・コパル(Zdeněk Kopal 、1914年4月4日 - 1993年6月23日)はチェコ生まれで、アメリカ合衆国の市民権を取得し、後にイギリスマンチェスター大学の天文学部長を務めた天文学者である。連星の研究で業績を挙げた。

東ボヘミヤ地方のリトミシェル(w:Litomyšl)で生まれた。プラハで研究を連星の研究を始め、ケンブリッジ大学に移り、第2次世界大戦に少し前にアメリカ合衆国に渡り、ハーバード大学天文台マサチューセッツ工科大学で働いた。この間にアメリカの市民権を得た。1951年にイギリスのマンチェスター大学の天文学部に移り、1981年までそこで働いた。連星における質量移動についての研究を行う一方、ピク・デュ・ミディの天文台で月面の観測を指導し、アポロ計画に貢献した。

近接連星の研究で知られる日本の天文学者北村正利はコパルの弟子である。

小惑星 (2628) Kopalは、コパルの業績を記念して命名された。

参考文献[編集]

コパールの業績とその生涯”. 日本天文学会 (1994年7月). 2014年1月18日閲覧。