ズザナ 155mm自走榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ズザナ 155mm自走榴弾砲
基礎データ
全長 12.97m
全幅 3.015m
全高 3.3m
重量 28.45t
乗員数 4名
装甲・武装
主武装 155mm榴弾砲(45口径)
副武装 NSVT 12.7mm機関銃
機動力
整地速度 80km/h
エンジン タトラ9-930-52 V-12空冷ディーゼル
355馬力
懸架・駆動 8x8
行動距離 750km
データの出典 KONSTRUKTA-Defence
テンプレートを表示

ズザナ 155mm自走榴弾砲スロバキア語155 mm samohybná kanónová húfnica vz. 2000 Zuzana)は、スロバキア自走榴弾砲である。ダナ 152mm自走榴弾砲をベースにZTS社(現KONSTRUKTA-Defence社)によって開発された。

開発[編集]

チェコスロバキアには1981年からダナ 152mm自走榴弾砲が配備されていた。1990年ビロード革命後もスロバキア陸軍にはダナが配備され続けたが、東欧革命後の政治変動でスロバキア政府はNATO寄りの立場をとり、最終的にはNATO加盟も希望するようになった。こうした中、軍内部でも武装を西側基準に改正する動きが見られ、最終的に自走榴弾砲もNATO標準の155mm口径に変更することが決定し、1997年にダナ改造の155mm自走榴弾砲8両が発注された。

構造[編集]

車体の基本的な構造は、ダナ 152mm自走榴弾砲とほぼ同じである。ベース車両には、ダナと同じタトラ815VP31 29265 8X8トラックが用いられ、小火器や砲弾片に耐えられる装甲を有するNBC防御能力付き密閉車体が搭載されている。タイヤには空気圧調節機能があり、ある程度のオフロード走行能力を有する。

ダナとの大きな違いは搭載する榴弾砲にあり、ズザナは新開発の45口径155 mm榴弾砲を搭載する。ベースブリード弾では39.6 kmの射程を有する。砲塔にはラマー式の自動装填装置を有しており、最大で毎分6発、持続射撃時には毎分1発の射撃が可能である。搭載する155mm 砲弾は60発で、榴弾の他成形炸薬弾も用意されており、ある程度の対戦車攻撃も可能である。ただし砲塔の旋回は、全周旋回が可能であったダナと異なり、ズザナでは左右60度の限定旋回になっている。

運用[編集]

ズザナはスロバキア陸軍にズザナ2000の名で採用された他、国際市場にも売り込まれてギリシャ陸軍が少数採用した。その後、スロバキア製のT-72にズザナの砲塔を搭載したT-72M1自走砲も開発され、ギリシャ陸軍、キプロス陸軍が採用している。

派生型[編集]

BRAM35 自走対空砲
ズザナの車体にエリコン製「リヴォルヴァー」35 mm単装対空機関砲砲塔(3.5t)と35 mm砲弾432 発(1.3t)を搭載した自走対空砲。「リヴォルヴァー」は砲塔に射撃統制装置を搭載しており、電子制御によって毎分1,000発の射撃が可能。さらにレーザー測距儀と自動追跡装置を装備するが、レーダーはオプション装備となる。スケールモデルが発表されたのみで未完成。
T-72M1自走砲
スロバキア製のT-72M1の車体にズザナの砲塔を搭載した装軌式自走砲。インド陸軍の新型自走砲計画に「ズザナ ヒマラヤ」の名で応募したが不採用となった。その後、ギリシャ陸軍とキプロス陸軍が採用。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]