ズウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ズウィン(2004年9月)

ズウィン(Zwin)は、ベルギーフランデレン地域北海沿岸にある、ラグーンを含む自然保護区である。ズウィンの大部分(1.25km²)はベルギー側のクノック=ヘイスト(Knokke-Heist)に、一部(0.33km²)はオランダ側のスライス(Slius)にまたがる。

シーラベンダー(イソマツ属)をはじめとする多様な塩生植物が自生している。また多種の野鳥が生息していることから、バードウォッチングのポイントとなっている。ズウィンには、この地域における主要な鳥類を観察できる小規模な動物公園がある。特にベルギーにおいて、シュバシコウ(ヨーロッパコウノトリ)の個体群が見られる数少ない場所でもある。

ズウィンは中世において入り江であり、が築かれ貿易が営まれた。1277年、大西洋岸を経由してジェノヴァ商人が来訪したことで、フランデレン地方の諸都市と地中海が直接海路で結ばれた。それは近郊にある都市ブルッヘ(Brugge)の繁栄に大いに寄与したが、土砂の堆積によりやがて港は機能を失い、衰退していった。

1952年、ズウィンは自然保護区に指定された。また1986年3月にはラムサール条約登録地となった。

観察できる主な鳥類[編集]

ズウィンのシュバシコウ(2006年)

関連項目[編集]

座標: 北緯51度21分50秒 東経3度21分12秒 / 北緯51.36389度 東経3.35333度 / 51.36389; 3.35333