スー・フォーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スー・フォーリー
スー・フォーリー(2008年、ヒルサイドフェスティバルで)}
スー・フォーリー(2008年、ヒルサイドフェスティバルで)
基本情報
出生 1968年3月29日(46歳)
出身地 カナダの旗 カナダオンタリオ州オタワ
ジャンル ブルース
ロック
担当楽器 ギター
活動期間 1992年 -
レーベル アントンズ・レコード
シャナキー・レコード
ルーフ・レコード
共同作業者 デボラ・コールマン
ロクサーヌ・ポトヴィン
ピーター・カープ
公式サイト www.suefoley.com/

スー・フォーリーSue Foley1968年3月29日 - )は、カナダブルースシンガーギタリスト。ピンク・ペイズリーフェンダー・テレキャスターがトレードマーク。

来歴[編集]

オンタリオ州オタワに生まれる。10代からカナダでライブ活動をしていたが、1990年、アントンズ・レコードとの契約とともにアメリカ合衆国テキサス州オースティンに活動の拠点を移す。1992年Young Girl Bluesでデビューした。
その後シャナキー・レコードを経て、ルーフ・レコードに移籍。2007年にはデボラ・コールマン、ロクサーヌ・ポトヴィンとの共作、Time Bombを発表。2010年にはブラインド・ピッグ・レコードからピーター・カープとの共作、He Said - She Saidをリリースしている。

特徴[編集]

ギター[編集]

フェンダー・テレキャスターとフェンダーアンプの組み合わせによる硬質な高音のサウンドを得意とする。また、サムピックを使用し、しばしばクロマティック・ランネックベンドを行うのも特徴である。日本では「女スティーヴィー・レイ・ヴォーン」という触れ込みでデビューしたが、「テキサス」「ブルース」「フェンダー」というイメージに近似性はあるものの、演奏スタイル上の共通点は少ない。

[編集]

一般にブルースには向かないとされる細い声の持ち主であるが、その独特な声と歌いまわしにファンも多く、評価が分かれている。

ディスコグラフィ[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  • 1992年 Young Girl Blues
  • 1994年 Without a Warning
  • 1995年 Big City Blues
  • 1996年 Walk in the Sun
  • 1998年 Ten Days in November
  • 2000年 Love Comin' Down
  • 2000年 Back to the Blues
  • 2002年 Where the Action Is
  • 2006年 New Used Car
  • 2007年 Time Bomb
  • 2010年 He Said - She Said

ライブアルバム[編集]

  • 2004年 Change

コンピレーション[編集]

  • 2009年 Queen Bee: The Antones Collection

DVD[編集]

  • 2006年 Live in Europe
  • 2010年 Guitar Woman(教則DVD)

外部リンク[編集]