スーパーFXチップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スターフォックスに実装されているスーパーFXチップ(LR38173)
ワイルドトラックスVORTEXに実装されているスーパーFXチップ(GSU-1)
ヨッシーアイランドの基板にあるスーパーFXチップ(GSU-2-SP1)

スーパーFXチップ(スーパーエフエックスチップ、Super FX Chip)はスーパーファミコンの一部のロムカセットに内蔵されているコプロセッサである。

概要[編集]

任天堂の関連会社A/N Software Inc.によって開発され、『スターフォックス』や『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』などのカセットに搭載された。「三次元描画方面強化回路」と銘打っており、表向きには3次元コンピュータグラフィックスポリゴン技術の性能補強とされている。実際には、スーパーファミコンに搭載されていたバックグラウンド画面の拡大縮小および回転機能を駆使することによって、擬似的に三次元空間を描写する処理を担当していた。

具体的には、スーパーファミコンのバックグラウンド画面を適当なサイズに切り抜き、いわゆるポリゴンの面と見立てて扱うという方法で立体空間が描画されている。例えばスーパーファミコンの画面上で八面体を表示するためには、8枚のバックグラウンドを組み合わせる事によって擬似的にこれを再現する。スーパーFXチップは、スーパーファミコンが本来持つバックグラウンド描画枚数(8枚)を大幅に増加し、その演算補助を行うためのハードウェアであった。ジャギーの問題を別とすれば、いわゆる「透明色」を用いることで、複雑な形状をした平面を作ることも可能だった。

ただし、このようにあくまで擬似的に3次元空間を描写するための手法だったため、立体オブジェクト同士で描画の貫通が発生したり、当たり判定が出来ないといった欠点も抱えていた。

技術的な仕様[編集]

初期の番号を付さない、いわゆる「スーパーFXチップ」と呼ばれるバージョンは、21MHzクロック周波数の処理能力を有していたが、内部的にはその半分である10.5MHzの性能しか出せなかった。後のスーパーFX GSU-2では設計修正が行われ、初期バージョンの問題点が改善され、仕様通り21MHz相当の性能を引出すことが可能となった。

スーパーFXチップはいずれのバージョンにおいても命令セット、およびその機能の面で互換性を有しており、個々の違いはクロック周波数と出力ピンにある。カートリッジに搭載されるチップの変更される際には、結果を得るためのピンを任意のものに割り当てることで、ゲームプログラム本体の収められたROMRAMが、その処理結果を参照し、画面に反映させることができた。

採用ソフト[編集]

関連項目[編集]