スーパーロコモーティブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパーロコモーティブ
ジャンル アクションゲームシューティングゲーム
対応機種 アーケード
開発元 セガ
発売元 セガ
人数 1-2人(交互)
発売日 1982年12月
テンプレートを表示

スーパーロコモーティブ』(Super Locomotive)は、1982年12月にセガが発売したアーケードゲーム。アクションとシューティングの両方の要素を持ったゲームである。

解説[編集]

路線上を走る列車を敵(デビル軍団)の攻撃や様々な妨害をかいくぐりながら駅へと導くゲーム。キャッチコピーは「鉄道を占領したデビル軍団を撃破せよ!!成功を祈る」。

ゲーム内容[編集]

画面構成[編集]

画面は上下2つに分割されている。上画面はトップビューで、路線や自分の列車・敵の位置、信号を把握できる。下画面はサイドビューとなっており同様に自分の列車・敵の位置を把握できる。敵の位置や高度、信号の色を見極めつつ自機を進めていく必要があり、なおかつ敵は列車だけでなくミサイルを発射する飛行船や飛行機、進路を妨害するトラックもいるため非常に厄介である。

展開[編集]

自機の操作は4方向レバー+2ボタン。レバーの上下で進路の変更を行い、左右で自機の操作を行う(後進可)。ボタンは「スモーク・ボタン」と「チェンジ・ボタン」があり、スモークは押す時間によって発射する高さを変えることができる。これによって地上を走行する敵機や上空を飛行している飛行船などを破壊する。ターボボタンは一定時間走行スピードがあがり無敵(スーパーロコモーティブ)状態になる。ただし、自機のエネルギーを消費してしまう。エネルギーがなくなるとスモークもチェンジも行えなくなるため、燃料輸送車や燃料塔に接触し回復を行う必要がある。 現金輸送車に接触するとボーナスポイント。敵機・ミサイルに接触したり、赤信号に突入するとミス。

次の駅まで到着すればラウンドクリア。エネルギーの残量がボーナスとして加算され、ボーナスシーンに移る。

ボーナスシーンでは先のラウンドで破壊した敵機と同数の敵機が出てくるので、スモークで破壊をする。自機の移動は出来ない。ナムコギャラガのチャレンジングステージに似ている。

その他[編集]

  • メインBGMはYMOの「ライディーン」である。イントロからほぼ1ループが収録されている(約70秒)。
  • 2010年5月現在、家庭用ゲーム機への移植はされていない。SC-3000発売前のソフトウェアラインナップにはあったが、実際に発売はされていない。