スーパージャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパージャイアンツ』は、1957年 - 1959年に製作公開した日本初の特撮スーパーヒーロー映画、及び主人公の宇宙人の名称。全9作品で、第7作まで新東宝が製作・配給を行なっていたが、第8作と第9作は富士映画製作、新東宝配給となっている[1]。主演の宇津井健が主人公の宇宙人「スーパージャイアンツ」を通して演じた。

解説[編集]

新東宝の和製スーパーヒーロー映画。1956年から日本で放映開始されたアメリカのテレビシリーズ『スーパーマン』を意識している[2][1][3]。タイトルは新東宝社長の大蔵貢がファンであった読売ジャイアンツに由来する[3]

本シリーズが始まった1957年は、ソ連が人類史上初めて人工衛星スプートニク1号」を打ち上げた年であり、人工衛星や宇宙人のヒーローということが強く意識されている。また、ソ連が人工衛星を打ち上げたのと同じく、当時原爆以上の水素爆弾等の核兵器について各国が研究に力を入れ始めており(ビキニ環礁での核実験等)、原爆被爆国の日本としてスーパージャイアンツは子供向けに微温的ながらも反戦・核兵器廃絶・平和への希求のメッセージが込められた作品でもある。1 - 6作目までは石井輝男が監督している。

6作目までの監督を務めた石井輝男は本シリーズについて、「まあ僕はねえ、無責任ですからね(笑)、話を聞いたときは特別そういうジャンルが好きでもなかったから、自分と同期に新東宝に入った人間が企画を持ってきて技術についても説明してくれて、じゃあやってみようかなと。で、僕としては乱歩の『少年探偵団』的なイメージでやっちゃったんですね。宇宙人と言うよりは、二十面相は変装した“怪人”という感じなんですよ」と語っている。石井としては軽い気持ちで引き受けたところ、作品が大ヒットしてシリーズ化となった。そのうちにスーパージャイアンツの真似をした子供たちが怪我をする事件が起こったりして、「何とか逃げたい」という気持ちになって、6作目まで監督したという[4]

後のエログロ路線の、その実エロスやフリークにより観客自身に現代性を切取らせてしまう石井は「普通に撮るとテレちゃうんですよね」と韜晦しているが[5]、のちの吉田輝雄主演路線につながる「ヒーローの無力さ」を体現した本作をして長部日出雄に「映画の終末点に立つ墓堀人」といわしめたところに、巨匠石井の面目がある。

内容は子供向けであり、主人公(宇宙人)が宇宙服なしの生身の人間を抱えたまま酸素のない宇宙空間を飛行するなど、非常に荒唐無稽な描写が見られる。また主人公と日本の機動隊が怪星人の集団を「UVガス」と称する毒ガス化学兵器)で殺戮するといった、当時ならではのシーンもある。

頭部部分までが一体の、いわゆる全身タイツでスーパーマンのようなパンツ部分のない「まんま」なタイツ姿が後年TVのバラエティ番組で話題になった[6]。『ウラ関根TV』(テレビ東京・テレビ大阪)では、司会者の関根勤によって本シリーズが『妖しい色気と”モッコリ”』とクレジットされて紹介された。関根曰く、「全身タイツで強調された宇津井健のモッコリ(股間)に注目してもらいたい」とのことである。

飛行シーンでは、三色分解方式のカラー撮影用カメラを改造した、対象と移動マスクを同時に撮影できるワンショットカメラの使用により合成のずれが少なく、当時としては高品質な映像となっている[1]

スーパージャイアンツ[編集]

地球の核実験により星世界に病気が蔓延したため、核実験を止めさせるためにエメラルド遊星から送られた平和の使者。エメラルド遊星から贈られた「地球計」で自由に空を飛ぶことができ、鋼鉄の拳銃をも飴のようにひねる怪力を持つ。衣装は全身タイツを基本としており、顔の部分は素顔を露出している。

普段の姿はソフト帽に背広姿の紳士で、いかなる脅威や何者にも動じず、常に折り目正しい言動を通す。当初は子供たちからも単に「スーパージャイアンツのおじさん」と呼ばれていたが、第8作目『スーパージャイアンツ 悪魔の化身』(1959年)より、日本人名「大賀一平」を名乗るようになった。主人公が1人なのに「~ジャイアンツ」 (giants) と複数形の名称なのはご愛嬌である。

全作通して宇津井健が演じた。宇津井の主演作は、初主演作となった『リングの王者 栄光の世界』に続き2作目である。

作品リストと概要[編集]

  • 鋼鉄の巨人』『続鋼鉄の巨人』(1957年7月30日・8月13日):池内淳子が共演。地球の平和を求める宇宙人たちの要請を受けたスーパージャイアンツが地球に来て、強力なエネルギーを持つ特殊なウラニウムを悪用しようとする犯罪組織を倒す。
  • 怪星人の魔城』『地球滅亡寸前』(1957年10月1日・10月8日):地球を侵略しようとする怪星人カピア人の攻撃にスーパージャイアンツが立ち向かい、UVガスを用いた地球人と協力して壊滅させる。
  • スーパージャイアンツ 人工衛星と人類の破滅』(1957年12月28日):三ツ矢歌子が共演。巨大な人工衛星(むしろ、宇宙空間を自由に飛行する宇宙船と言った方が適切)から地球を攻撃しようとする地球人の悪の組織との戦いを描く。
  • 続スーパージャイアンツ 宇宙艇と人工衛星の激突』(1958年1月3日):前作の続編。
  • スーパージャイアンツ 宇宙怪人出現』(1958年4月28日):悪の組織が、人工的に作り出した細胞を、怪力で空も飛ぶ宇宙怪人に成長させ、それを使って大規模な破壊行為を行なう。スーパージャイアンツが宇宙怪人と戦って倒し、悪の組織も叩き潰す。
  • 続スーパージャイアンツ 悪魔の化身』(1959年3月27日):戦争で死んだ愛娘の脳から幻覚のような魔女を作り出した科学者が、犯罪組織と手を握って次々に殺人を犯すが、スーパージャイアンツの活躍で事件は解決する。
  • 続スーパージャイアンツ 毒蛾王国』(1959年4月24日):これまでの作品と違ってSFの要素はない。アフリカ産の毒蛾の毒を用いて要人暗殺を図る犯罪組織をスーパージャイアンツが叩き潰す。

映像ソフト化 [編集]

  • 1980年代にビデオソフトが東宝ファミリークラブより発売された[7]
  • 1998年5月1日から11月1日かけて全4巻のVHSキネマ倶楽部より発売された[7]
  • 2000年7月25日に発売イマジカ・販売エスモックにより全話収録のDVD-BOX『スーパージャイアンツ コンプリートBOX』(4枚組)が発売された[8]。石井輝男インタビューや彩色フィルム版ダイジェストを収録[8]
  • 2001年7月25日に全4巻の単巻DVDが発売。
  • 2005年8月10日に低価格のDVD-BOXが発売。奇しくもこの2日後、本作の6作を監督した石井輝男がこの世を去った。

漫画版[編集]

漫画版は、第1作 - 第7作は桑田次郎、第8作・第9作は一峰大二の作画によって、講談社の漫画雑誌『ぼくら』に掲載された。同誌には吉田竜夫の作画による独自ストーリー版も連載されている。また、横山まさみちの作画による単行本が富士見出版社より1959年に出版され、こちらには第7作と第9作の漫画版が収録されている。

海外展開[編集]

  • アメリカでは、『スターマン』のタイトルで第1作から第3作までと第5作・第6作を一本に再編集した計4作が1964年にテレビ放映された[2]。配給はウォルター・マンレイ・エンタープライジーズ[9]
  • 東半球では、『スペースマン』や『スーパーマン』のタイトルで第1作から第3作までが劇場公開された[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社1997年、pp.108 - 109頁。ISBN 4766927060 
  2. ^ a b c 超人画報 1995, p. 34
  3. ^ a b 石橋春海 『'60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、14-15頁。ISBN 978-4-7747-5853-4
  4. ^ 『宇宙船 vol.98』(朝日ソノラマ)「御本人コメント付 石井輝男映画作品ガイド」
  5. ^ 『石井輝男映画魂』(ワイズ出版)
  6. ^ ナショナルキッド』(東映)など、本作品以降の日本の特撮ヒーローには『スーパーマン』同様のタイツ姿が多く見られる。
  7. ^ a b 「'98TV映画特撮LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 1999』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1999年5月1日、65頁。雑誌コード:01844-05。
  8. ^ a b 「2000TV・映画 特撮DVD・LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 2001』 朝日ソノラマ〈宇宙船別冊〉、2001年4月30日、67頁。雑誌コード:01844-04。
  9. ^ 超人画報 1995, p. 38.

参考文献[編集]

  • 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日。C0076。ISBN 4-88475-874-9