スーパーサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパーサウルス
スーパーサウルス
スーパーサウルス想像図
地質時代
ジュラ紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 竜脚形亜目 Sauropoda
下目 : 竜脚下目 Sauropoda
: ディプロドクス科 Diplodocidae
: スーパーサウルス属 Supersaurus
学名
Supersaurus
Jensen1985

スーパーサウルスSupersaurus)は、中生代ジュラ紀後期に、現在の北アメリカ大陸に生息した草食恐竜竜脚類に分類される。属名は「特大の竜」の意。

1972年、アメリカのコロラド州ドライ・メサ発掘地で発見された個体と1996年にワイオミング州のジンボ発掘地で見つかった2体の部分的な標本が確認されている。ただし、72年に見つかった、当初ウルトラサウロスとされた骨は後に頸椎と胴椎がスーパーサウルス、肩甲烏口骨はブラキオサウルスのものであると改められ、さらに別種とされた「ディスティロサウルス」とされた胴椎はスーパーサウルスのものとされることになった。時としてスペルサウルスとも表記される。

一時はブラキオサウルスに近いとされていた。恐竜の中でも特に巨大な種類である。

特徴[編集]

全長33メートル前後。骨格の比較により、ディプロドクスバロサウルスよりもアパトサウルスに似た形態を持っていたことが分かっている。ドライ・メサ発掘地の標本とジンボ発掘地の標本の尾椎骨とでは明確な違いが見られ、別種の可能性もある。

また、肋骨内部には空洞があり、気嚢があったと考えられている。ディプロドクスやバロサウルスには無い特徴であり、アパトサウルスに近いとする根拠となっている。

ゾウとの比較による試算の結果、一日の食料はおよそ500キログラムであったという。体重も40トンを超え、その大きさから100年以上生きた個体も居るであろうと推測される。

関連項目[編集]