スーパーキャビテーション・プロペラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパーキャビテーション・プロペラ(Supercavitation propeller)とは、船舶プロペラの効率改善にスーパーキャビテーションを利用したものである。 「スーパーキャビテーティング・プロペラ」とも呼ばれる。

キャビテーションは本来ならば、船舶の推進器にとり推進効率を阻害して金属表面の侵食を起こす不要なものであるが、逆に積極的に多数の泡を発生させて摩擦抗力を削減するスーパーキャビテーションを利用するプロペラが考案されている。使用実績は少ない。

プロペラ裏面の先端部でキャビテーションが発生し、多数の泡がプロペラ裏面を覆う。この泡によってプロペラ裏面での抗力が減少し推進効率の向上に寄与する。発生した泡はプロペラの後端部から離れ、十分な距離をあけてからつぶれて消失する。

プロペラの断面形状は、先端は鋭いが後端部は断ち切られたクサビ形をしている。ウォータージェット推進よりも効率は高い[1]

スーパーキャビテーション・プロペラ1枚の形状
1.スーパーキャビテーション・プロペラ 2.断面形状 3.プロペラ・ボス 4.回転方向
スーパーキャビテーション・プロペラの1枚を断面方向から見た図
1.キャビテーションの発生 2.キャビテーションがプロペラ裏面を覆う 3.プロペラから離れてからキャビテーションが消失する 4.回転方向 5.船の進行方向 6.プロペラから見た水の流れ

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 池田良穂著 『図解雑学 船のしくみ』 ナツメ社 2006年5月10日初版発行 ISBN 4816340904