スヴャトスラフ・クヌシェヴィツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スヴャトスラフ・ニコラーエヴィチ・
クヌシェヴィツキー
基本情報
出生名 Святослав Николаевич Кнушевицкий
出生 1908年1月6日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国サラトフ州ペトロフスク
学歴 モスクワ音楽院
死没 1963年2月19日(満55歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
ジャンル クラシック
職業 チェリスト、音楽教師
担当楽器 チェロ
共同作業者 ダヴィッド・オイストラフレフ・オボーリン

{{{Influences}}}

スヴャトスラフ・ニコラーエヴィチ・クヌシェヴィツキー((ロシア語: Святослав Николаевич КнушевицкийSviatoslav Nikolayevich Knushevitsky1908年1月6日ユリウス暦1907年12月24日サラトフ州ペトロフスク - 1963年2月19日 モスクワ)はソビエト連邦チェリストモスクワ音楽院教授。兄は作曲家で軽音楽指揮者として有名なヴィクトル・クヌシェヴィツキー。妻はソプラノ歌手のナタリヤ・シュピレル

概要[編集]

1923年にモスクワ音楽院に入学、セミョーン・コゾルポフにチェロを師事する。1929年、音楽院卒業と同時にボリショイ劇場管弦楽団の首席奏者となり1943年まで務める。この間、1933年の全ソ音楽コンクールで優勝し、ソリスト及び室内楽奏者としても活躍し始めた。1943年[1]にはヴァイオリニストダヴィッド・オイストラフピアニストレフ・オボーリンと三重奏団「オイストラフ・トリオ」を結成、自身の死まで継続して活動を行った[2]

同時代に活躍したソ連の作曲家、ミャスコフスキーハチャトゥリアングリエールワシレンコからチェロ協奏曲を献呈されレパートリーの拡大に寄与している。また、1956年に復元されたチャイコフスキーの『ロココの主題による変奏曲原典版の初演も行っている。

1942年よりモスクワ音楽院で教え始め、1950年に教授に昇進、1954年から1959年の間はチェロ及びコントラバス部長を務めた。1950年にスターリン賞受賞、1955年ロシア連邦共和国功労芸術労働者称号を授与。

1963年、モスクワで没。

脚注[編集]

  1. ^ 1940年または1941年とする資料もある。
  2. ^ 録音は1958年ロンドンで収録されたベートーヴェンの『三重協奏曲』、『大公トリオ』、シューベルトの『ピアノ三重奏曲第1番』などが有名(EMI録音)

外部リンク(兼・参考文献)[編集]

参考文献[編集]

  • 日本・ロシア音楽家協会 編「ロシア音楽事典」(2006年 カワイ出版)ISBN 9784760950164