スヴェトラーナ・メドヴェージェワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スヴェトラーナ・メドヴェージェワ(2008年)
ドミートリー・メドヴェージェフとスヴェトラーナ夫人
スヴェトラーナ・メドヴェージェワ夫人(一番右、画像は北海道洞爺湖サミットにおける各国首脳夫人)

スヴェトラーナ・ウラジーミロヴナ・メドヴェージェワスベトラーナ・メドベージェワロシア語: Светлана Владимировна Медведеваラテン文字表記の例Svetlana Vladimirovna Medvedeva1965年3月15日 - )は、ロシア連邦大統領ドミートリー・メドヴェージェフの夫人。旧姓はリンニクЛинникLinnik)。

1965年3月15日ソビエト連邦レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)に軍人の家庭に生まれる。クプチノ第305学校を卒業し、1989年メドヴェージェフと結婚する。レニングラード財政・経済学大学(現在のサンクトペテルブルク財政・経済学大学)を卒業し、モスクワで働いた後、ペテルブルクに戻り社会団体を組織する。1996年にはメドヴェージェフとの間に長男を儲けた。大統領夫人としての傍ら、精神的文化団体のリーダーとして若者の道徳向上活動を行っている。

エピソード[編集]

アニメ好きであり、2008年11月16日に在露日本大使館で行われたアニメ映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」を観賞する交流会に出席している。また、ドラえもんとロシアのキャラクターによるアニメ映画やインターネットサイトの共同制作を発案している[1]

脚注[編集]

  1. ^ 折り紙、ドラえもん…露大統領夫人も興味津々MSN産経ニュース、2008年11月17日。2008年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]