スワップポイント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スワップポイントとは、外国為替取引において異なる通貨間の取り引きをする際に、通常2日後の決済となり通貨の交換をする際に生じる金利格差のポイントの事である。

この交換日を先延ばし(ロールオーバー)した際の取引通貨間の金利の差額をスワップポイントと言う。

金利の安い通貨を売り金利の高い通貨を買い保持し続けると、金利格差の差額分がプラスになる為にスワップポイントを得る事ができ、逆に金利の高い通貨を売り金利の安い通貨を買い保持し続けると、金利格差の差額分がマイナスになる為にスワップポイントを支払わなければならない。

関連項目[編集]