スルハン・ナシーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スルハン・ナシゼ(Sulkhan Nasidze、1927年3月17日 - 1996年9月21日)は、グルジア作曲家

トビリシに生まれ、トビリシ音楽院でピアノを学ぶ。1962年にグルジア作曲家連盟の委員となる。1964年にトビリシ音楽院の作曲科の教授に就任。1974年、グルジア・フィルハーモニック・コンサートホールの音楽監督となった。作風はショスタコーヴィチバルトークストラヴィンスキーらの影響とグルジアの伝統音楽の融合を目指したものであった。

作品[編集]

  • バレエ「オルフェウスとエウリディーケ」(1973)
  • オラトリオ「我が祖国」(1962)
  • 8曲の交響曲(1957-1992)
  • 2曲のピアノ協奏曲(1955、1961)
  • ヴァイオリン協奏曲(1968)
  • 2つのヴァイオリンのための協奏曲(1979)
  • ヴァイオリンとチェロのための協奏曲(1982)
  • ヴィオラ協奏曲 (1987年)
  • ファゴット協奏曲(1994)
  • 5曲の弦楽四重奏曲(1968-1992)
  • 2曲のピアノトリオ(1960、1995)