スルクフ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スルクフ級駆逐艦
Nantes - Maille Breze (1).jpg
博物館船として係留されている「マイレ・ブレゼ」
艦級概観
艦種 駆逐艦Escorteurs d'escadre
就役期間 1955年~1991年
前級 第二次世界大戦後初
次級 デュプレ級駆逐艦英語版
性能諸元
排水量 基準: 2,750トン
満載: 3,740トン
全長 128.6m
全幅 12.7m
吃水 5.4m
機関 ボイラー 4缶
蒸気タービン (31,500hp) 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 34ノット
航続距離 5,000海里(18ノット巡航時)
乗員 347人
レーダー DRBV-20A 対空捜索用 1基
DRBV-11 対空・対水上捜索用 1基
DRBV-30 航法用 1基
DRBC-11 射撃指揮用 1基
DRBC-30 射撃指揮用 1基
ソナー DUBV-1B 捜索用 1基
DUBA-1B 攻撃用 1基

スルクフ級駆逐艦Escorteur antiaérien et anti-sous-marin classe Surcouf)または、47型駆逐艦Escorteur d'escadre de type T47)は、フランス海軍駆逐艦Escorteurs d'escadre)。12隻が建造された。

概要[編集]

第二次世界大戦後にフランスが初めて建造した駆逐艦であり、当時のヨーロッパの駆逐艦よりも大型であった。第二次世界大戦期に建造されたル・アルディ級駆逐艦を基に拡大し、対空対潜(Antiaérien et Anti-sous-marin)の双方の任務をこなす艦として建造され、速力で以前の艦より劣ることから単独での任務よりも艦隊の護衛任務に就くことが多かった。

1960年代には対潜型もしくは防空型への改装が一部の艦に行われた。改装の施されなかった3隻は早期に退役し、残る艦もジョルジュ・レイグ級駆逐艦によって更新された。

当初装備されていた127mm砲は、アメリカ海軍の弾薬と互換性のあるフランス製の砲であった。

兵装諸元表
原型 防空改装後 対潜改装後
127mm連装砲×3基 100mm単装砲×2基
Mle.51 57mm連装砲×3基
20mm機関砲×4基 20mm機関砲×2基
Mk 13 ミサイル単装発射機×1基
ターター SAM用)
マラフォンフランス語版英語版 SUM×1基
M/50 375mm対潜ロケット砲×1基
3連装550mm魚雷発射管×4基 3連装550mm魚雷発射管×2基
同型艦
# 艦名 就役 改装 退役 その後
D621 スルクフ
Surcouf
1955年11月1日 なし 1971年6月6日 1972年5月22日、エグゾセ対艦ミサイル
標的として海没処分
D622 ケルサン
Kersaint
1956年3月20日 防空 1985年5月23日
D623 カサール
Cassard
1955年4月14日 なし 1974年10月1日
D624 ブーヴェ
Bouvet
1956年5月13日 防空 1982年1月1日 2013年、解体処分
D625 デュプティ・トゥアール
Dupetit-Thouars
1956年9月15日 防空 1988年4月
D626 シュヴァリエ・ポール
Chevalier Paul
1956年12月22日 なし 1971年6月
D627 マイレ・ブレゼ
Maillé-Brézé
1957年5月4日 対潜 1988年4月1日 ナントにて博物館船として繋留
D628 ヴォークラン
Vauquelin
1956年11月3日 対潜 1986年11月6日
D629 デストレー
D'Estrées
1957年3月19日 対潜 1985年7月3日 2001年9月、海没処分
D630 デュ・シャイラ
Du Chayla
1957年6月4日 防空 1991年11月15日
D631 カサビアンカ
Casabianca
1957年5月4日 対潜 1984年9月7日
D632 ゲプラット
Guépratte
1957年6月6日 対潜 1985年8月5日 1994年11月、海没処分

参考文献[編集]

  • Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995(英語版参考文献)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]