シュルクーフ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スルクフ級駆逐艦から転送)
移動: 案内検索
シュルクーフ級駆逐艦 (T-47型)
Chevalier Paul D626-IMG 6000.jpg
建造当初の「シュヴァリエ・ポール」の模型
艦級概観
艦種 艦隊護衛艦(Escorteurs d'escadre
就役期間 1955年~1991年
前級 ル・アルディ級
次級 デュプレ級 (T-53型)
性能諸元
排水量 基準: 2,750トン
満載: 3,740トン
全長 128.6m
全幅 12.7m
吃水 5.4m
機関 ボイラー (35kgf/cm², 385℃) 4缶
蒸気タービン (31,500 shp) 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 34ノット
航続距離 5,000海里(18ノット巡航時)
乗員 347人

シュルクーフ級駆逐艦Escorteurs d'escadre de la Classe Surcouf)は、フランス海軍駆逐艦の艦級。計画艦型番号はT-47[1][2]

設計[編集]

本級は、第二次世界大戦で壊滅した駆逐艦戦力再建のための戦後初の国産駆逐艦として、1949~1952年度計画で12隻が建造された[1]。次世代空母の直衛などを想定した艦隊護衛艦であり、他の欧州諸国の駆逐艦よりも大型とされた。そのコンセプトを含めて、大戦期のル・アルディ級との類似性が指摘されている[2]

対空・対水上兵装主体の汎用艦であり[1]、主砲としてはModèle 1948 54口径127mm連装砲を採用、艦首甲板に1基、艦尾甲板および上部構造物上に背負式に1基ずつの計3基を搭載した。Mle.1948はフランス製の両用砲であるが、アメリカ製の54口径5インチ単装速射砲と弾薬の互換性があり、最大発射速度18発/分、最大射程22,000 mの性能を備えていた[3]。高角砲としては、ボフォース社のM/50 60口径57mm連装砲を国産の砲塔と組み合わせたModèle 1951が採用され、艦橋直前と中部上構上に1基ずつ配置された[2]

一方、対潜兵器については、当初計画ではごくわずかな配慮しかなされておらず、対潜爆雷の投下軌条が設けられたのみであった。対潜戦の要請の増大に伴い、イギリス製のヘッジホッグスキッドなど対潜迫撃砲の搭載も検討されたものの、結局は、対水上用の550mm魚雷発射管に対潜誘導魚雷の運用能力を付与するのみとなった[2]

改装[編集]

1960年代、本級は3グループに分かれて、それぞれ指揮統制能力・防空能力・対潜戦能力のいずれかを強化する改修を受けた[1]。

指揮艦型[編集]

指揮艦改修後の「シュルクーフ」
艦橋構造物が前方に延長されたほか、後部の魚雷発射管が撤去されている。

最初に改修が行われたのが指揮統制能力強化型であり、1960年代初頭、ネームシップを含む3隻が改修を受けた。艦橋直前の57mm砲を撤去、魚雷発射管も減じて、艦橋構造物の拡大および司令部用居住区画の新増設を行っている[2][1]。

防空型[編集]

1962年から1965年にかけて、「ケルサン」以下4隻がターター・システム搭載改修を受けており、ケルサン級とも称される。52・53番砲を撤去してMk.13単装ミサイル発射機を、後部57mm砲を撤去してMk.74 ミサイル射撃指揮装置2基を搭載している。また後檣上のDRBV-11は、システムのメインセンサーとなるAN/SPS-39A 3次元レーダーに換装された。なおこのAN/SPS-39Aは、1968年以降の改修で、AN/SPS-52と同じプレーナアレイ・アンテナ(AN/SPA-72)を用いるAN/SPS-39Bに換装された[2]。この他、防空戦に対応して、SENIT-2戦術情報処理装置も搭載された[4]

また対潜戦能力も強化されており、51番砲とバーターにModèle 54 6連装375mm対潜ロケット砲が搭載されているほか、ソナーもDUBV-24に更新されている[4]

対潜型[編集]

対潜型改修後の「マイレ・ブレゼ」

1968年から1970年にかけて、5隻がASW能力強化改修を受けた。これは、T-47/53型を元に1956年度計画で建造された「ラ・ガリソニエール」(T-56型)とほぼ同等の水測装備・対潜兵器を搭載するものであり、艦橋直前にMle.54 6連装375mm対潜ロケット砲を、また艦尾甲板にマラフォンフランス語版英語版対潜ミサイル発射機を設置した。またソナーも低周波のDUBV-23に換装するとともに、可変深度式のDUBV-43も搭載された。ただしヘリコプターは搭載されなかった[2]

対空・対水上能力も強化されており、対空捜索レーダーはDRBV-22A、低空警戒・対水上捜索レーダーはDRBV-50に更新された。また主砲も、新開発のMle.1953 100mm単装砲に変更されており、砲射撃指揮装置(GFCS)としてDRBC-32Aが艦橋上と中部上構上に1基ずつ搭載された。57mm高角砲はいずれも撤去されている[2]

諸元表[編集]

原型 防空改装後 対潜改装後
兵装 Mle.48 127mm連装砲×3基 Mle.53 100mm単装砲×2基
Mle.51 57mm連装砲×3基
20mm機銃×4基
Mk.13 ミサイル単装発射機×1基
ターター SAM用)
マラフォンフランス語版英語版 SUM×1基
Mle.54 6連装375mm対潜ロケット砲×1基
3連装550mm魚雷発射管×4基 3連装550mm魚雷発射管×2基
レーダー DRBV-20A 対空捜索用 DRBV-22A 対空捜索用
DRBV-11 対空・対水上捜索用 AN/SPS-39 3次元式 DRBV-50 対空・対水上捜索用
DRBV-30 航法用 DRBV-31 航法用
DRBC-11 砲射撃指揮用 (127mm砲用) AN/SPG-51B×2基 (SAM射撃指揮用) DRBC-32A 砲射撃指揮用 (100mm砲用)
DRBC-30 砲射撃指揮用 (57mm砲用) DRBC-31 砲射撃指揮用 (57mm砲用)
ソナー DUBV-1B 捜索用 DUBV-24 捜索用 DUBV-23 捜索用
DUBA-1B 攻撃用

配備[編集]

指揮艦型3隻は早期に退役し、残る艦も、対潜型はジョルジュ・レイグ級駆逐艦、防空型はカサール級駆逐艦によって更新された。

同型艦
# 艦名 就役 改装 退役 その後
D621 シュルクーフ
Surcouf
1955年11月1日 指揮 1971年6月6日 1972年5月22日、エグゾセ対艦ミサイル
標的として海没処分
D622 ケルサン
Kersaint
1956年3月20日 防空 1985年5月23日
D623 カサール
Cassard
1955年4月14日 指揮 1974年10月1日
D624 ブーヴェ
Bouvet
1956年5月13日 防空 1982年1月1日 2013年、解体処分
D625 デュプティ・トゥアール
Dupetit-Thouars
1956年9月15日 防空 1988年4月
D626 シュヴァリエ・ポール
Chevalier Paul
1956年12月22日 指揮 1971年6月
D627 マイレ・ブレゼ
Maillé-Brézé
1957年5月4日 対潜 1988年4月1日 ナントにて博物館船として繋留
D628 ヴォークラン
Vauquelin
1956年11月3日 対潜 1986年11月6日
D629 デストレー
D'Estrées
1957年3月19日 対潜 1985年7月3日 2001年9月、海没処分
D630 デュ・シャイラ
Du Chayla
1957年6月4日 防空 1991年11月15日
D631 カサビアンカ
Casabianca
1957年5月4日 対潜 1984年9月7日
D632 ゲプラット
Guépratte
1957年6月6日 対潜 1985年8月5日 1994年11月、海没処分

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 阿部安雄「大戦後のフランス/イタリア駆逐艦建造史 (特集・戦後の駆逐艦)」、『世界の艦船』第587号、海人社、2001年10月、 96-97頁、 NAID 40002156169
  2. ^ a b c d e f g h Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995. Naval Institute Press. (1996). p. 206. ISBN 978-1557501325. 
  3. ^ navweaps.com (2013年4月6日). “127 mm/54 (5") Model 1948” (英語). 2015年1月14日閲覧。
  4. ^ a b Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. p. 155. ISBN 978-0870212505. 

関連項目[編集]

同世代艦

対潜/汎用型
防空型(ミサイル駆逐艦)