スリー・マハー菩提樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スリー・マハー菩提樹

スリー・マハー菩提樹(Sri Maha Bodhi)はスリランカ北中部州アヌラーダプラに位置する菩提樹

紀元前3世紀に当時インドで栄えていたマウリヤ朝アショーカ王の王妃、サンガミッタゴータマ・ブッダの菩提樹の苗木を運び、デーワナンピヤ・テイツサ王が当時の首都であったこのアヌラーダプラに植樹した。紀元前288年に植樹されたもので、人間の手により植樹された樹木では最古のものである。

現在は野生動物からの保護のために石台や鉄柵によって取り囲まれている[1]

出典[編集]

  1. ^ 地球の歩き方スリランカ 2009-2010年版』 ダイヤモンド社2009年